車両、部品の開発に30年の経験、 品質未然防止手法の開発

  • 自動車
  • 研究開発

経験内容

具体的な経験の内容

新型車の開発
プラットフォームの開発
新部品の開発
部品の標準化
コスト低減
市場の品質改善
品質の不具合未然防止
DRBFM トヨタA級エキスパート
ボデー部品の車両評価
部品評価基準作成
TNGA部品シナリオ作成
設計の工程での作り込み
一気通貫品質活動
品質基準の適正化
仕入れ先の工程改善

実績や成果

部品標準化で、原価改善
品質クレームを低減
開発費低減
部品の現地調達化

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

いろいろなアイデアを出し、評価して優先度を決める
費用対効果で対策を決める
バックアップ案を持つ
関係者を説得する粘り強さ

業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

ボデーの機能部品については、27年の経験あり、ベンチマーク

関連する論文やブログ等があればURL

お役にたてそうと思うご相談分野

技術戦略
品質向上
設計プロセス効率化
評価基準の適正化

地域

日本

役割

設計のグループマネジャー 全社の特別活動プロジェクトリーダー

規模

全社は7万人 車種は50以上

期間
1988年 〜 現在

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

職歴:(開示前)


自己紹介

ボデー機能部品設計&評価で30年の経験あり。様々な部品の開発では全車に搭載が可能な標準化を実施。コスト、質量低減のシナリオを策定。海外では、北米R&Dに3年出向の経験あり。DRBFMのA級エキスパート。仕入れ先育成の経験多数。原価改善と品質適正のバラン取りをアドバイスしてスできる。

職歴

開示前(決済前には開示されます)