アパレル/雑貨のEコマースおよびリテール全般。ゼロから10億円規模まで、また4年で6億を23億に売上増の実績があります。

謝礼金額の目安(1時間あたり) 18,000

経験内容

  • 通販(アパレル)
  • 経営企画/経営管理

 Eコマース、直営店舗(フルプライスおよびアウトレット)、パートナーストアで構成されるDirect to consumer事業の統括責任者として、各チャネルでの売上・利益の最大化、MDから消化管理、在庫マネジメントまでの管理、およびCRM/カスタマーエンゲージメント強化に従事。4年間でDTC全体売上を6.3億円から23億円強まで約3.7倍に拡大。
 Eコマースは4年間で売上2.5倍、年間平均成長率26%以上を継続中。旧サイトにおいてSEOやその他Web広告の運用方針の見直し、52週MDプランの組み立て直し/実行強化、月次/週次での発売スケジュールとSNSやメールマガジン、アプリによる告知/販促プランを強化することで、トラフィック(Session)を大幅改善。2017年に公式サイトのリニューアルプロジェクトを陣頭指揮し、サイトデザインおよびストラクチャーの全面見直し、UI/UXの改善、商品マスター構造の再設計、外部機能との連携/組み込みを行い、オフィシャルオンラインストアのパフォーマンスを更に大幅改善。リニューアル後、前年比でSession数を+20%伸ばしつつ、CVRも+20%以上改善し、YoYでの売上を+50%を実現。
 リアル店舗のマネジメントにおいては、出店交渉、店舗開発から運営管理までハンズオンで統括管理。自社店舗を4店舗から8店舗へ拡大し、売上250%を達成。KPIモニタリングを強化/徹底し、各店舗のCVRを20%以上改善すると同時に、セット率/客単価も4年連続で前年比クリア中。カテゴリー別/アイテム別の消化分析を強化し、仕入計画に反映させることで、プロパー消化70%を維持しつつ、アウトレットでの最終消化も健全に行い、在庫月数を7か月程度で安定推移。パートナーストアについてもKPIモニタリングの精度改善、アクションプランへの反映/実行を強化することで、単店売上を大幅に改善(YonYで最大+27%)。
 現在は、CRMおよびオムニチャネル戦略の責任者として、モバイルアプリを基軸とした仕組みの設計/構築に注力中。延べ35万人以上のEC会員、メルマガ会員、アプリユーザーと年間延べ20万人以上の店舗買上客を一元管理し、チャネル間でシームレスなショッピング体験を顧客に提供すべく、社内プロジェクトを推進中。

地域

東京

役割

事業統括責任者として計画策定から現場マネジメントまでハンズオンで陣頭指揮

規模

チーム員:30名、売上規模20億円強。

期間
2008年 〜 現在

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:(開示前)

職歴:(開示前)


慶応大学を卒業後、野村不動産株式会社にて大規模開発事業における商品企画に従事。2000年に米国Dartmouth Collegeの経営大学院であるAmos Tuck School of Businessに留学し、2002年にMBA取得。卒業後、戦略コンサルティングファームにて小売業や不動産/建設会社、通信キャリアに対する大企業コンサルティング、ネット系や不動産系ベンチャー企業のインキュベーションに携わる。 その後、株式会社バンダイに入社し、社長室/グローバル戦略室のマネジャーとして中期経営計画の策定や部門横断プロジェクトのプロジェクトマネジメントに従事。バンダイの強みである「キャラクターマーチャンダイジング」について論文を執筆し、一橋大学経営大学院の主催するポーター賞を受賞。2008年から同社にて新規アパレルブランドの立ち上げプロジェクトに参画。事業戦略の構築から出店交渉、Eコマース/店舗運営、POSなどのインフラ整備まで一手にマネジメントし、SPA事業モデルの構築。3年で10億円規模に拡大。 2011年からオンライン語学トレーニングの先駆けであるRosetta Stoneの日本事業のターンアラウンドに携わる。 2015年にニューエラジャパン合同会社に入社し、Eコマースとリテールの事業統括責任者として、Direct-to-consumer事業の拡大/成長を陣頭指揮しており、4年でDTC売上を3.7倍に拡大。リテールMDの見直しからデジタルマーケティング、現場マネジメント、アイテムの消化管理/在庫管理まで、川上から川下まで事業全体の基盤を構築。同時に、現在はEC/店舗間でのオムニチャネル政策/CRMの責任者としてモバイルを中心に据えたビジネス設計を推進中。 戦略コンサルティングとハンズオンでの事業立上げおよびマネジメントの経験を通して、定量的/定性的な事実から事業上の課題を洗い出し、具体的なアクション実行を徹底的に行い、着実に事業推進や問題解決を実現することに強みを持っています。また、 明確な“満たすべき水準”をチーム内で共有し、一人一人が強いオーナーシップを持つようなチームマネジメントをモットーとしています。

このアドバイザーの他の経験