心理学・カウンセリング・メンタルへルスなどの分野において、研究・教育・支援・コンサルテーションについて、お伝えできます。

謝礼金額の目安 直接アドバイザーにお問い合わせください

経験内容

  • 教育(学校運営)
  • コンサルタント/リサーチ

メンタルケア学術学会 委員・講師(心理・メンタルケア)
①メンタルケア関連資格の試験問題作成・試験官・採点
②メンタルケア関連資格の試験対策問題集の開発
③メンタルケア関連講座の開発
・カウンセリング基本技法と面接技法講座(実技実践プログラム)の開発を担当(通信講座)。
・メールカウンセリング講座の開発を担当(通信講座)。
・基礎心理学の検定である「こころ検定」のテキスト執筆を担当。
・こころ検定の試験問題作成および試験対策冊子の執筆を担当。
④学術学会の学会研修の企画・構成・講師
⑤学術学会の学会研修の担当者のオーガナイズ
⑥学術学会の年次大会の企画・構成・講演者の担当および各講演者のオーガナイズ(2014年~現在)
⑦八洲学園大学のオンデマンド公開講座の企画・構成・講師(2014年~現在)
⑧メンタルケア関連資格の指定テキストの改訂業務
・DSM-5出版に伴う精神医学関連内容の補完テキストの執筆を担当。
・心理カウンセラー養成講座の合計8冊のテキストの改訂を担当。
⑨大学および企業とのメンタルヘルスに関する共同研究・実証実験の責任者
・奈良県立医科大学・産学官連携推進センター・梅田智広教授および、
 丸紅情報システムズ株式会社・株式会社ライフビジネスウェザー、都築電気株式会社と連携し、
 ウェアラブルモニターのメンタルヘルスへの応用に関する実証実験を実施。
・奈良県立医科大学・産学官連携推進センター・梅田智広教授および、
 UR都市機構、ビクターエンターテインメント株式会社、株式会社ライフビジネスウェザーと連携し、
 ハイレゾ音響システムのストレス低減効果を、ウェアラブルモニターを利用して実証する実験を実施。
・奈良県立医科大学・産学官連携推進センター・梅田智広教授および、
 ナンゴー株式会社と連携し、3Dパネルの視覚効果とストレスの関係性に実証実験を実施。
・奈良県立医科大学・産学官連携推進センター・梅田智広教授および、JSR株式会社と連携し、従業員のストレ
 スチェックへのウェアラブルモニターの利用について実証実験を実施(継続中)。
  
⑩医療機関からの依頼による外部研修講師
⑪メンタルケア関連のオンデマンド講座の企画・構成・講師
⑫メンタルケア関連の通学講座の講師(2014年~現在)
⑬学術学会の機関誌および会報誌の企画・構成・執筆(2014年~現在)
一般社団法人 ハッピーネット(2015年4月~現在)
・研究協力
 心理学・カウンセリング・メンタルケアの専門家として、家族介護者支援におけるコンサルテーションを担当。また、名古屋大学で開催されたシンポジウムで講演を実施。2018年度はセラピーロボット「パロ」のストレス低減効果について、ウェアラブル心拍センサーを活用した実証研究(プレテスト)のアドバイザーおよび分析を担当。
株式会社cotree(2017年6月~12月)
 オンライン・カウンセリングサービスの企業のコンサルティングを担当。登録カウンセラーのためのマニュアル・ガイドラインの作成、学生相談システム構築に関するアドバイス、ウェアラブル心拍センサーを活用したヘルスケア・プログラムの開発準備などを担当。
その他(2017年4月~現在)
MBTコンソーシアム(奈良県立医科大学)と連携し、ライフビジネスウェザー株式会社、丸紅情報システムズ株式会社、ビクターエンターテインメント株式会社、JSR株式会社、株式会社ナンゴー等と連携し、ウェアラブルモニターの心理カウンセリング・メンタルヘルス・ストレスチェックへの活用や、気象データとストレス・精神疾患の関係の研究等の業務を計画・遂行中。
合同会社 S&P心理臨床オフィス(2018年~現在)
 これまでに従事してきた心理学・カウンセリング・メンタルへルスの専門業務を設立したオフィスで委託。ウェアラブル心拍センサーを活用した心理カウンセリング・心理アセスメントの産学官連携研究事業を中心に、研究・教育・支援・コンサルテーションを進めている。
奈良県立医科大学 MBT研究所 所員 就任(2018年~現在)
 奈良県立医科大学が推進する産学官連携推進事業である「MBT(医療を基礎としたまちづくり)」に関する研究・教育等の活動に従事する。

地域

東京都

役割

委員として学術学会の運営/主任研究員としてメンタルへルスの研究/心理学関連の講座開発・テキスト執筆/心理学関連の研修講師など

規模

執筆したテキストおよび開発した講座が文部科学省の後援を受ける/全国で1万5千人以上が受講・取得した心理カウンセラー資格を展開

期間
2012年 〜 現在
関連する職歴
  • 合同会社S&P心理臨床オフィス 代表社員
  • 奈良県立医科大学 所員
  • メンタルケア学術学会 委員
  • ストレスチェックプランナー協会 主任研究員
  • 教育ナビゲーション株式会社 心理専門職
  • TERADA医療福祉カレッジ 講師

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

合同会社S&P心理臨床オフィス / 代表社員


 これまで、心理学・カウンセリング・メンタルへルスに関する研究・教育・コンサルテーション業務に従事してまいりました。個人向けの心理カウンセリング・心理アセスメントから、大手企業へのコンサルテーション、学術団体の委員・講師業務、テキストの執筆、通信講座の開発など幅広く活動しております。執筆・編集に携わったテキストに基づく検定が文部科学省の後援事業となった実績もございます。また、大手企業・大学と連携し、ウェアラブル心拍センサーのメンタルへルス分野への活用や、各種ヘルスケア(運動習慣など)がメンタルへルスの維持・向上に及ぼす影響について実証研究を進めております。是非、御社でも心理専門職として仕事に従事できればと考えておりますので、何卒、よろしくお願いいたします。

プロフィール詳細を見る