酒類製造/輸入(ビール、日本酒、ワイン)における経営者の経験について話せます

  • 酒類製造/輸入(ビール、日本酒、ワイン)
  • 経営者

経験内容

1.具体的な経験の内容
  老松酒造㈱は、1789年(寛政元年)創業の酒造メーカーで、創業当初は日本酒のみのメーカー
  でしたが、現在は、乙類の焼酎が主流となっている酒造メーカーです。
  代表的な焼酎商品には、「麹屋伝兵衛」「赤閻魔」「黒閻魔」「緑閻魔」などがあります。
  取締役・代表取締役として、製造部門を除く全て(総務・経理・人事・営業)の管轄を行っていました。
2.実績や成果
  在任中の営業成績は横ばいで、特に記述すべき実績や成果はありません。
  しかし、黒字経営は維持することができました。
3.お役に立てそうと思う相談分野
  ①酒類業界のこと
  ②経営、特に管理部門(総務・経理・人事)のこと

地域

東京都中央区、大分県日田市

役割

取締役、代表取締役

規模

約65名

期間
2007年 〜 2017年頃
関連する職歴
  • 老松酒造㈱ 取締役・代表取締役

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

㈱東理ホールディングス / 取締役・代表取締役・顧問

プロフィール詳細を見る


自己紹介

 1943(昭和18)年7月生まれの75歳男性です。多くの人からは見かけは65歳位と
言われています。
 1966年に早稲田大学教育学部英語英文学科を卒業後、アメリカン・エキスプレスの旅行部門に入社し、その後、1989年に旅行業として独立し、旅行業界はおよそ23年間経験しました。海外渡航歴は89回、うち添乗員は77回経験しました。
 その後、不動産賃貸業、広告制作業、保険流通業を経験しました。
 1998~2007年には、中学受験塾である㈱修学社において取締役管理本部長として本部・教室(約20)のスタッフ及び塾講師の採用、クレーム処理等を担当しました。
 2007~2017年は、㈱東理ホールディングス(子会社を管理する持株会社)において取締役・代表取締役を経験しました。
 その間、子会社の業務スーパーの取締役・代表取締役、同じく子会社の酒造
メーカーとの取締役・代表取締役も経験しました。
 本部においては、特に管理部門(総務・人事)の統括責任者でした。
 特に、クレーム処理やコンプライアンス関連については一家言持っております。

職歴

  • ㈱東理ホールディングス /取締役・代表取締役・顧問

    2007/3 2017/6

  • ㈱ボン・サンテ /取締役・代表取締役

    2009/11 2014/6

  • 老松酒造㈱ /取締役・代表取締役

    2007/3 2014/6

  • ㈱修学社 /取締役・代表取締役

    2002/10 2007/3