大気リモートセンシング、気象データ解析

  • 環境調査
  • なし

経験内容

具体的な経験の内容

大学院では気象分野のリモートセンシングを学び、東京大学で博士号を取得、温室効果ガス観測技術衛星GOSAT-2のデータ解析アルゴリズムを開発し、プロジェクトに提供している。人工衛星をはじめとしたリモートセンシングデータや、気象に関する数値モデル、再解析データの解析の経験がある。

実績や成果

査読論文2、著書(分担)1、科研費1、受賞1

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

問題点に対して、手持ちの条件で解決可能な方法を理論的に考え、シミュレーションにより試行した後、実際のデータに対して行った。

業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

衛星による大気リモートセンシングについては海外含めてあり。

関連する論文やブログ等があればURL

https://www.atmos-meas-tech.net/9/1981/2016/amt-9-1981-2016.pdf

お役にたてそうと思うご相談分野

気象データを利用しようとする分野

地域

関東

役割

解析アルゴリズム開発

規模

5000人

期間
2015年 〜 2018年頃