二次電池業界のトレンド,課題,キードライバーについてお話しできます

  • 製造業
  • 新規事業/R&D
  • 経験内容

    鉛蓄電池,リチウムイオン電池のメーカーとして,グローバル市場のマーケティングを繰り返し実行し,それに基づいて事業戦略を策定しました.必要に応じて海外企業とのアライアンスやM&Aを行いました.

    複数の海外M&Aにより事業規模を2倍以上に拡大,従来国内のみだった事業範囲を全世界に拡大しました.

    海外の顧客基盤を獲得し,事業プラットフォームをグローバル化できました.

    自身と提携相手の経営戦略の整合性の見極めに時間と労力を割くことが重要です.カルチャーの差異についても慎重に分析と対策を練る必要があります.

    二次電池業界に関するトレンド,課題,キードライバーについて,お話しできます.

    特に,再生可能エネルギーの増加に伴うESSの導入については,敗戦経験豊富ですので,KSFについてお話できます.

    また自動車電動化と,それに関連した二次電池についても,十分な知見を持ちあわせておりますので,お役に立てます.

    地域

    東京本社,米国,欧州,中国,東南アジア

    役割

    マーケティング,事業開発の責任者

    期間
    2010年 〜 2018年頃

    氏名・職歴の開示について

    氏名:(開示前)

    職歴:(開示前)


    自己紹介

    ・航空宇宙工学で工学博士の学位を取得.
    ・油田計測サービス企業に入社.石油探査機器の開発に取り組みました.
    ・スーパーコンピュターを用いた流体力学計算サービスのスタートアップ企業に転じました.
    ・総合電機メーカーの機械工学系研究所にて,各種流体機械の研究開発,電子機器冷却の開発などに従事.
    ・本社研究開発本部,技術戦略室などで技術戦略に関する仕事に従事.さらに経営企画室長として中期経営計画策定や課題事業対策に取り組みました.
    ・電池事業社内カンパニーのCTO兼副事業本部長として,電池事業を統括.
    ・電池事業を行っていた子会社に役員として移籍するも,TOBにより総合電機子会社の化学メーカーに転籍.マーケティングとM&Aに取り組み成果を上げました.

    職歴

    開示前(決済前には開示されます)

    他の経験