経営戦略の策定と実行,経営資源配分の効率化

  • エネルギー(電力)
  • 経営企画/経営管理

経験内容

・コングロマリット企業の中期経営計画を策定,取りまとめた.
・しかし計画の実行には困難が伴う.個別課題ごとに機能横断的なチームを編成してフォローアップとハンズオンの支援を繰り返した.それでも目標未達となったものも少なくないが,全体としては大きな破綻は避けることができた.
・大型の課題事業(年間赤字が数百億円規模)を複数抱えるという危機的状況に遭遇したが,社長のイニシアティブを最大限活用し,それぞれ機能横断的チームを編成して難局を乗り切った,または乗り切るための実行可能な計画を策定できた.
・コングロマリット企業における経営資源配分の方法論について,お役に立てます.
・経営危機における社員の行動特性,それに基づく巨大組織の動かし方などについて,系統的ではありませんがアドバイスが可能です.

地域

東京本社

役割

経営企画室長として社長を補佐し,中期経営計画の策定,課題事業の整理,新事業開発などを実行

期間
2009年 〜 2010年頃

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

職歴:(開示前)


自己紹介

・航空宇宙工学で工学博士の学位を取得.
・油田計測サービス企業に入社.石油探査機器の開発に取り組みました.
・スーパーコンピュターを用いた流体力学計算サービスのスタートアップ企業に転じました.
・総合電機メーカーの機械工学系研究所にて,各種流体機械の研究開発,電子機器冷却の開発などに従事.
・本社研究開発本部,技術戦略室などで技術戦略に関する仕事に従事.さらに経営企画室長として中期経営計画策定や課題事業対策に取り組みました.
・電池事業社内カンパニーのCTO兼副事業本部長として,電池事業を統括.
・電池事業を行っていた子会社に役員として移籍するも,TOBにより総合電機子会社の化学メーカーに転籍.マーケティングとM&Aに取り組み成果を上げました.

職歴

開示前(決済前には開示されます)

他の経験