流通店舗開発新人開発担当者の営業(立地選定、訪問方法)教育を請け負います

謝礼金額の目安 直接アドバイザーにお問い合わせください

経験内容

  • 不動産開発(オフィス・商業施設)
  • 店舗開発

具体的な経験の内容

 セブン―イレブン・ジャパンの年間1000店開店体制に併せて、店舗開発担当者(社内育成)の
増員が必要となり、店舗開発担当者の育成カリキュラムの作成と研修、OJTを立案し、
実施責任者として行う。

実績や成果

 審査部門にて、候補地選定方法、立地調査方法の手順書を作成し、立地調査精度の向上を成し、
 審査部門の業務生産性を大幅改善。
審査部門の人数増員せずに、立地調査書の審査出力件数、前年の1.5倍を処理できた。
 立地の見方をロジック的に説明し、新人に教える事(OJT含む)で新人初年度の成績を
 従来の1.5倍の生産性に上げる。(新人平均3件/年⇒4.5件/年) 

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

 知識を与える教え方(一方通行)は、受講者に主体性がなくやらされで受けている講義は、
 効果が少ない。如何に新人に主体性を持って受講してもらえるかを考える。限られた時間では
 あるが、要所要所でディスカッションを入れる。受講者自身で気付く様に講義を仕掛ける。

業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

 開発担当者の教育を請け負うことが出来る。
 ・立地の見方を理解することで、自社新規出店場所を売れるエリアに選定できる
 ・地主への飛込み訪問を楽しくできる方法を身に付ける

お役にたてそうと思うご相談分野

 開発担当者の新人教育を御社のニーズに合せて、サポートします。
 御社のニーズに合せて、開発担当者の新人教育をその道のプロとして
 御社企業理念を共有して、請け負います。

地域

日本国内(東京都、神奈川県、山梨県、静岡県、愛知県、大阪府、兵庫県)

役割

開発担当者+マネージャー(8年、課員最大25名)と審査部門担当と新人開発担当者研修担当コーチ

規模

店舗開発部の開発担当者250名規模、年二回新人研修(約30名/一回)を2年担当(企画立案、講師)

期間
2000年 〜 2018年頃
関連する職歴
  • 株式会社セブンーイレブン・ジャパン

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

アイ・リサーチラボ / 代表


1987年7月に株式会社セブンーイレブン・ジャパンへ入社し、2018年3月に定年退職しています。 30年9ヶ月の在職期間中、27年を新規出店店舗開発部門に在籍。 ①開発担当者(静岡県東部、大阪市内北部、川崎市全域、名古屋市中心部、横浜市中心部で活動)、 ②マネジャーとして、神奈川県、東京都、山梨県、兵庫県、名古屋市を担当、 ➂会社としての出店可否判断する審査部門で、売上予測システムの構築と案件審査、調査マニュアル作成、開発担当者の新人研修を担当。 新規出店を考える個人、法人の方に、新規出店の考え方(立地の見方)を、 地主様に、土地の有効活用リックヘッジ(立地の見方)を、 店舗開発担当者の方に立地の見方を、お教えることで、成果が出せるサポートを 致したいと考えております。 また、協力業者網の構築をサポート致します。

このアドバイザーの他の経験

プロフィール詳細を見る