商品開発における原材料調達先の紹介

  • 食品卸(総合)
  • 調達/購買

経験内容

具体的な経験の内容

・商品企画と同時に、原料調達先をある程度決めながら進めていくことで、開発のスピードUPをはかると共に、想定価格での調達可否の判断が出来る為、開発商品をこのまま進めるか否かの決定が可能となる。

実績や成果

・この手法を取り入れることにより、年間100品以上の新商品を導入することに繋がる。

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

・同じ原料でも、1社でなく複数社から相見積りを取り、価格と品質から最終決定を行うことで、精度の高い原料の調達が可能となる。

業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

・無し

関連する論文やブログ等があればURL

・無し

お役にたてそうと思うご相談分野

・商品開発と同時進行での原料調達先の決定

地域

日本各地の原料メーカー

役割

商品開発と同時に原料調達の責任者として従事

規模

原料調達先300社以上(野菜、果物、魚類、肉類、加工品)

期間
1989年 〜 現在

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

職歴:(開示前)


自己紹介

商品開発と開発に伴う原材料調達を同時進行で行うノウハウを持っております。
商品のライフサイクルが短い今の時代において、商品開発のスピードUPかつ精度の高さが求められます。
上記内容についてお役に立てれば幸いです。
ご連絡をお待ちしております。

職歴

開示前(決済前には開示されます)