太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギー、スマートハウスにおける事業化、ビジョン作成、アドバイス、コンサルティングについてお話できます

謝礼金額の目安(1時間あたり) 15,000

経験内容

  • 自動車部品(ボディー・内装)
  • コンサルタント/リサーチ

日本でただ一人の太陽光発電システム・デザイナーとして、1993年から日本国内太陽電池メーカー・企業・行政・自治体(シャープ、SANYO、カネカ、ホンダ、三菱電気、日立、バンダイナムコ、東芝、清水建設、鹿島建設、関電工、横浜市、国土交通相他多数)のアドバイス、コンサルティングを行ってきました。2005年岸村デザインのソーラー電源トラックをはじめ、ソーラーLED街路灯(20基)をスイスのジュネーブの国連本部内に国連創立60周年記念事業として導入設置。2008年Jetro(ジェトロ)の支援により、米国ロスアンゼルスのインキュベーションに入所、2011年日産自動車の依頼で、電気自動車と家がつながるスマートハウスをデザイン・製作し世界中の注目を浴びる。その後、世界にV2H(vehicle to home)を認知させる。2012年より太陽光発電モデル州のハワイにて、太陽光発電デザイン・コンサルタントを開始、現在にいたる。2015年より北海道釧路の180万坪を使いスマートコミュニティーのデザイン・設計を開始する。このような国内外での実績をもとに、クリーンネネルギー関連の事業化・海外進出を考える企業の皆様に、アドバイスやコンサルティングを通してお手伝いさせて頂きます。

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

1993年から現在までの22年間

どちらでご経験されましたか?

太陽光発電普及促進国民協議会 常任理事
小型風力太陽光発電協会 初代会長
米国 Kishimura Industry Co.LTD
Kishimura Industry LLC(ハワイ現地法人)
一般社団法人 日本あんしん設備保全協会 顧問

その時どのような立場や役割でしたか?

ほとんどの機関、団体で決裁権を持っていました。

一番誇りに思う成果はなんでしたか?

2011年に日産自動車さまと協業した、スマートハウスプロジェクトが大変エキサイティングでした。スマートハウス製作依頼決定からCEATEC2011展示会のお披露目まで55日間という短時間でスマートハウスを完成させました。これには国内45社の企業の皆さまの協力のおかげです。この経験から「いかに企業を動かすか!?」を学ぶことができました。

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:(開示前)

Kishimura Industry LLC(ハワイ現地法人) / Co-founder


1993年太陽電池メーカー(シャープ)と組み、ハウスメーカー(セキスイ)に日本初の太陽光発電標準搭載型住宅(商品名:パルフェ)事業を企画・制作・デザイン(意匠)・設計・施行指導を行い、日本に住宅用太陽光発電ビジネスを生み出した。その後、太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギー、スマートハウス、スマート・コミュニティー、電気自動車、EVバイク分野で日本国内の太陽電池メーカー(シャープ、サンヨー、三菱、カネカ、本田、川崎重工、昭和シェル、日立、東芝)、大手ゼネコン(清水建設、鹿島建設)、サブコン(関電工、因幡電気産業、ネグロス電工、ネミー)、ハウスメーカー(セキスイ)電気・設備機器メーカー(バンダイナムコ)、クリーンエネルギー関連の社団法人、自治体、政府機関、NPO、ハワイ州政府のクリーンエネルギービジネスおよび事業取り組みついての企画・事業計画などのアドバイスおよびコンサルティングを行い現在にいたる。

プロフィール詳細を見る