(環太平洋地区)現地工場向け 部品・治型具設計開発/立ち上げ移管の経験者です。現地の事情をお伝えできます。

  • 自動車部品(ボディー・内装)
  • 生産技術

経験内容

具体的な経験の内容

ルノー案件にてHOT STAMP設備一式を開発し、インド特有の身勝手な言い分・責任の押しつけに対し
技術と交渉力にてインド初の現地量産化を成し得ました。
タイ工場赴任中 チャイニーズマレーシア人の上司 タイ人部下 の中 唯一人の日本人としてPAD PRINT,
振動溶着, 真空成型, HOT STAMPなどの工場品質不具合を減少させた

お役にたてそうと思うご相談分野

現地人材の採用可否を判断する際のPOINT, どうやったら上手く現地の人材と仕事ができる様になるか、
日本人である利点を上手く使う、現地で期待できる事できない事、現地で調達できる設備とそのレベル
、現地技術者の技術レベルと思考パターン などをお話しできます

地域

マレーシア タイ インドネシア インド フィリピン 韓国 中国 台湾 メキシコ アメリカ ベネズエラ

役割

生産技術開発とその現地移管. 現地調達設備開発

規模

10~300名の海外JOINT VENTURE/協力会社/子会社

期間
1992年 〜 1998年頃
関連する職歴
  • Ford Motor ENGINEER

自己紹介

大卒後 日系企業の治工具部門で5年の経験をし、その後FORD MOTOR JAPANにて海外の自動車組み立て工場支援を6年間行い, 海外で仕事をする基礎を養う事ができました。その後部品部門に移転し本格的にマルチカントリーTEAMを率いて20年間海外工場での新規BUSINESSの立ち上げ業務を行い今に至っております。

職歴

  • REYDEL /EXPERT ENGINEER

    2015/11 在職中

  • VISTEON /EXPERT ENGINEER

    1998/10 2015/10

  • Ford Motor /ENGINEER

    1992/4 1998/10