あなたが有利になるように、賃料改定や立ち退き料についてアドバイスします。不動産鑑定士は賃料や立退き料の専門家です。

謝礼金額の目安(1時間あたり) 9,000

経験内容

  • 不動産(建物管理)
  • コンサルタント/リサーチ

2018年9月現在、都内では増額改定が増加しています。
賃料改定では、契約当事者の知識格差が出やすく、例えば、オーナー側のみが不動産のプロの場合、テナント側は気が付かないうちに理不尽な要求を飲まされていることも多いものです。
理不尽に改定された(割高)な賃料は、テナント側としては「固定費」であり、次回の賃料改定まで割高な状態が続き、更にはその後の賃料改定における「基礎事実」にもされてしまいます。
賃料査定を得意とする不動産鑑定士に依頼すれば、この知識格差を解消し、理不尽な要求を回避することも可能です。しかし、賃料や立退き料に詳しい不動産鑑定士はそれほど多くなく、たとえ出会えたとしても、不動産鑑定士事務所に依頼すると、数十万円から数百万円の報酬が発生します。
そこまでコストを掛けずに、専門家の意見が欲しい場合には、私にご相談下さい。
なお、立退き料(移転補償、借家権)についても詳しい方です。

経験

≪賃料評価≫
 大企業の都内本社オフィスの継続賃料評価、保険会社の全国各支社の継続賃料評価、ショッピングセンターの継続賃料評価、ゴルフ場の継続地代評価等
≪立退き料≫
 サービス業テナント、物販系テナントの立退き料(移転補償、借家権価格)の算定

地域

東京都

役割

内緒

規模

不動産鑑定士、公認会計士、一級建築士等の専門職業家が50名以上在籍する企業に所属しています。クライアントは金融機関、資産運用会社、不動産会社、鉄道会社、国等様々です。

期間
2004年 〜 現在
関連する職歴
  • 不動産鑑定会社勤務 不動産鑑定士 課長クラス

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

不動産鑑定会社勤務 不動産鑑定士 / 課長クラス


J-REITや私募ファンドが保有する投資用不動産の鑑定評価や、国や一般企業等が保有する遊休資産の鑑定評価、さらにオフィスや店舗の賃料評価等、実に様々なタイプの不動産の鑑定評価を経験してきました。 国が保有していた2000億円相当の不動産の売却に掛かる鑑定評価、全国にあるオフィスビルやゴルフ場の証券化に掛かる鑑定評価等、社会的に影響のある業務のとりまとめ役を担っています。 具体的には、大規模地、オフィス、マンション、店舗ビル、ショッピングセンター、物流センター、ホテル、ゴルフ場、太陽光発電所などの評価ができ、評価の仕方をわかりやすく説明することが得意です。 近年は、200人規模の外部セミナーや論文発表など行っています。

このアドバイザーの他の経験

プロフィール詳細を見る