事業継承(親族内継承、第三者継承)を継承当事者として何度も経験しました。セカンドオピニオンとしても参考になると思います。

謝礼金額の目安(1時間あたり) 15,000

経験内容

  • 食品卸(総合)
  • 経営者

この経験は、「業界知識」ではなく、事業経営という「機能」を継承するという「行為」を切り口としていますので、業種の垣根を越えて存在する要諦や勘所についてお伝えすることができます。

具体的な経験の内容

①勤務先を退職して、自身が事業継承者として家業へ入社した際の、経緯、古参社員との関係性、長い取引の得意先との関係構築、互いの常識の衝突と融和のプロセス、合理化策・近代化策と付加価値構築策の企画立案と実際の導入、など「事業継承」に関する一連のあらゆる現場実務を体験しています。
②同業者の中小企業や零細企業から、先代経営者の引退に伴う事業の継承を17件経験しています。その際に、引退する先代経営者への意義の語りかけ、合意形成、付与する対価の算定、金融機関対策など広範な現場作業を経験しています。それぞれの先代経営者の子息への代替りが同時に伴っていた案件も多くありました。
③そのプロセスでは、成功例ばかりではなく、残念ながら途中で成約までに至らなかった案件もありましたが、そこでは障害の発生パターン、想定外事態の克服方法の効果と限界など、既存の公刊資料などでは決して得ることのできない貴重な実務経験をしました。
④案件検討段階では、さらに十数件の対象候補を精査・折衝しています。「やめたほうがいい案件」「やらないほうがいいやり方」についてもお伝えできます。
⑤譲渡側の経験値もあります。

実績や成果

事業継承やM&Aについて、「数百件を経験」などとして、件数の多さを強調される士業の先生も散見されますが、アドバイス役として「経験」するのと、「当事者」として実体験するのとでは、経験した内容には自ずから深さ・広さ・複雑さなどが異なります。どちらが優れているという問題ではありませんが、当方の場合にはアドバイザーではなく当事者として直接関与した経験値が多く、またそれらを質問者の状況に応じて整理してお伝えすることが可能です。

業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

ビザスクの経験登録の雛形では、あらかじめビザスクで設定してある「狭い業種」を1つ選択しないと登録へ進めない構造になっているため、直接経験した業種を便宜上表示していますが、この経験値は必ずしも特定の業種や業界だけに留まるものではなく、広く中小企業全般の事業継承、事業譲渡について、適用可能範囲は広いと考えています。

お役にたてそうと思うご相談分野(一例)

・事業継承についてのセカンド・オピニオン
・円滑な事業継承の進め方
・番頭・ナンバー2への事業継承の留意点、障害の克服方法
・事業継承を契機とした事業転換・新規事業進出の可能性と方法
・第三者継承先の選定基準と数字にならない側面の判断方法
・まだ若い後継候補者を「その気」にさせる方法
・先代経営者と後継者の意見が合致しない場合の調整方法
・金融債務、個人保証などの対処法
・その他

地域

首都圏

役割

経営者

規模

対象となった企業は従業員数名から最大で200名超まで

期間
2000年 〜 2016年頃
関連する職歴
  • ファミリーゲノム研究所 所長・主席研究員
  • 日本ジェノス株式会社 代表取締役
  • 株式会社布屋本店 代表取締役

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

登録して事前相談

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ