東南アジアで食品製造事業を立ち上げ、5年間経営に携わった経験があります。

  • 食品(製油)
  • 経営者

経験内容

実績や成果

東南アジアで食品メーカーを立ち上げ、副社長として売上ゼロから10億円前後まで伸ばし、黒字化させた。

業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

東南アジア、特にインドネシアにおける製菓製パン市場動向に詳しい。
製菓製パンに使用される原料のプレーヤーに詳しい。

お役にたてそうと思うご相談分野

東南アジアの食品業界について、インドネシアにおける経営全般(営業、製造、購買、コーポレート)について。加工油脂、海外営業、製菓製パン、法人立ち上げ。

地域

インドネシア

役割

経営、海外法人営業

規模

90名

期間
2014年 〜 現在

自己紹介

2006年に三菱商事に新卒入社。食品原料の輸入、国内営業、及び海外営業を7年間担当した。2013年より日系メーカーとインドネシアにおける合弁事業設立プロジェクトに参加。合弁契約交渉を行い、社内の投資承認から合弁契約までを僅か4ヶ月で完了させ、同年合弁会社を設立した。
現在は副社長として、社長と共に会社全体(従業員90名)の事業経営を担いつつ、直接的には営業と管理(合計25名)を管掌。新規事業ということもあり当初は売上が伸びず3年間赤字が続き、新興国の地方都市でドブ板営業も経験したが、様々な戦略を立てて会社一丸で実行し、2017年度に営業黒字化を達成した。2018年末には新工場建設のため総額50億円の投資を決定、2020年の新工場稼働に向けて現業の拡大と合わせて新たな戦略実行を進めている。

職歴

開示前(決済前には開示されます)