在宅医療における商流、物流の現状と今後の動向についてお話できます。

  • 介護サービス
  • 物流

経験内容

2025年には段階の世代が後期高齢者になり、全人口の25%が医療を必要とする高齢者となる。
基幹病院に通院、入院するような形態の医療を受けることはできなくなる。
地域包括支援システムの中で、在宅支援診療所、医薬品卸、調剤薬局、医療機器商社との間で商流、物流を再編することでWin‐Winの医療、福祉の提供システムを提供している。

役割

在宅医療における商流、物流の提案

規模

国は地域包括支援システムを推進しようとしており、各医療圏域、福祉圏域での提案事例がある。

期間
2005年 〜 現在

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

職歴:(開示前)


自己紹介

マテリアルハンドリング、ロジスティックス、特にBtoB、BtoC流通分野のサプライチェーン構築、ビジネスモデル提案を数多く手掛けてきた。ロジスティックスにおける収益性を重視したシステム構築が肝要と考える。

職歴

開示前(決済前には開示されます)

他の経験