関西空港の水没原因について、1988年以前のいきさつについてお話しできます (メイン項目対応で約2~3か月間限定です)

謝礼金額の目安 直接アドバイザーにお問い合わせください

経験内容

  • 土木工事
  • コンサルタント/リサーチ

今回の台風で空港本体の水没が問題となっています。
施工方法や建設施工者の決定過程から不透明な点がありました。
埋め立て工法を実施するにあたっての問題が当時から存在していました。
浮体工法での代案がありましたが、政治家の決断で土木会社の案が採用されました。
当時の一連の流れをお話しできます。今後の空港問題改造・改善に役に立つのではと思います。

地域

大阪湾  関西空港

役割

取り付け道路用橋脚製作据え付け

規模

300名

期間
1985年 〜 1989年頃

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

登録して事前相談

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

職歴:非公開


1) フリーランスとして、造船及び海洋構造物の建造に関する各種相談や建造時の現場アドバイスに直接/間接携わっている。45年間の関連業界経験があるが、外地滞在や海外クライエントとの接触が多かった為、近年変化の激しい国内勢力図や業界・メーカについて情報把握に力点を移しつつある。但し、職場同僚・友人・業界知人が、海外を含めて現役活躍中なので、目的を絞ればネットワークを活用して詳細情報を把握することも可能である。 2) 造船界不況時、表面改質溶射装置を開発・製造する異業種のスイス大手メーカに所属。航空機用エンジン内部の翼表面保護など多くの新規保護被膜開発に従事した。その頃の研究結果として、近年のインプラント、燃料電池や各金属の疲労対策に関して経験を持つ。 3) 海洋資源として最大生産量である原油を探査・掘削・生産・海上備蓄するための装置・船舶等の建造やそれらへの投資に関する意見交換

このアドバイザーの他の経験

プロフィール詳細を見る