診療放射線技師で3次救急で救急医療に従事。

  • 医療(病院運営)
  • 医療専門職

経験内容

具体的な経験の内容

 重症の3次救急での救命及び検査

実績や成果

 年間7000件以上の救急

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

関連する論文やブログ等があればURL

お役にたてそうと思うご相談分野

 技術職から見た医療環境の変化および人事、労務管理の対応方法

地域

大阪府

役割

現場経験

規模

150

期間
1982年 〜 1990年頃

自己紹介

医療法人にて30年間医療及び介護事業の経営に携わってきました。また診療放射線技師の資格も有しており以前は3次救急病院で救急医療にも従事していましたので単なる事務屋ではなく臨床についても理解しています。民間病院協会の参事や2次救急病院協議会の実行委員等の役職にも就き公的な活動もしてきました。現在は地域包括ケアを推進するために行政や医師会と共に自院を事務局として活動しています。また財団法人 日本医療機能評価機構のサーベイヤーとして100件程度の病院の審査も行ってきた経験もあり自院だけではなく医療業界全体の状況を把握しています。現在も審査にはリーダーとして定期的に全国の病院に行っています。

職歴

開示前(決済前には開示されます)

他の経験