マーチャンダイジングからのブランディングについてお話できます。

  • 自動車
  • 商品企画

経験内容

具体的な経験の内容

車メーカーのマーチャンダイジング担当。性格の異なる5ブランドのマーチャンダイジング(グッズ)の構想企画段階から、値段設定、販売促進、キャンペーンまで一通り行っていました。

実績や成果

車ディーラーでの店頭販売と、ECサイトを通し、在任中に売上を約1.5倍に伸ばしました。
SNSの活用を積極的に行ない、車ではなくグッズからもブランディングに貢献。

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

企画時は、オーナー心理を考え、ストーリーや価格設定には1円単位で慎重に検討。
売上増とブランディングの両立を考えなくてはならず、薄利多売ではなく、利益とデザイン材質には厳しい条件を設定し、条件をクリアしているもののみ製作していた。
社内で形式化されていないことが多く、調整は難しい面もあったが、会社全体の利益に繋がることを意識しており、説明すれば各署納得してもらえる事が多かった。

お役にたてそうと思うご相談分野

マーチャンダイジング(MD)分野の消費企画について。
マーチャンダイジング販売が会社の主な売上ではないにしろ、ブランディングの面から雑貨などの消費企画が必要な場合。

地域

関東

役割

車メーカーのマーチャンダイジング担当としてグッズ収益増、ブランディングに貢献

規模

社員数約100人

期間
2015年 〜 2018年頃
関連する職歴
  • 個人事業主
  • FCAジャパン株式会社 マーチャンダイジングスペシャリスト

自己紹介

2013年3月より、興味分野であった、自動車業界に就職。
イタリアの自動車雑貨を輸入販売(EC・店舗)する会社で、マーケティングを担当。ニッチな業界での顧客ニーズや、販売戦略を学びました。

2015年10月より、FCAジャパンへ出向。
イタリア車のAlfa Romeo、FIAT、ABARTH、アメリカ車のJeepのマーチャンダイジングスペシャリストとして活動。
カジュアル/POPブランドから、ハイブランド/プレミアムブランドまで、各ブランド別にニーズ分析、作るだけではなく、訴求に力をいれたり、話題性のある商品を作り、世に送り出してきました。

現在は個人事業主として、、情報商材を扱ったり、企業へのマーケティングのコンサルティング業務をしております。

高校時代にスポーツビジネスに目覚め、早稲田大学スポーツ科学部に入学。
トップスポーツ(プロスポーツ)ビジネスがテーマのゼミに所属。各国のサッカーリーグ経営や、スポンサーシップに関する研究をしておりました。
卒業論文テーマは、「F1チームにおける経営と成功チームの抽出に関する研究」
(要旨:http://www.waseda.jp/sports/supoka/research/sotsuron2012/1K09B502.pdf)

職歴

  • 個人事業主

    2018/2 在職中

  • FCAジャパン株式会社 /マーチャンダイジングスペシャリスト

    2015/10 2018/2