電力(IPP及びEPC)プロジェクト、LNG及びシェールを含むガスプロジェクトについてお話できます

  • エネルギー(電力)
  • 法務/知財/コンプライアンス

経験内容

例として以下のような経験があります。
1. LNGについて
- LNGプラントへの出資全般
- LNGのオフテイク契約の検討、交渉
- LNGのMaster Sale and Purchase Agreementの検討、交渉
2. Oil & Gasについて
- 上流権益取得全般(onshoreのシェールガス・オイル、オフショアの両方)
- Joint Operating AgreementやUnitization Agreementの検討、交渉
- 個別売買契約の検討、交渉(ISDA Master AgreementやCredit Support Annexを含む)
3. 電力について
- スポンサーサイドとして、国内外の新規IPPの開発、出資全般(ガス火力、石炭火力、太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス)
- EPCコントラクターとして、発電所建設請負全般
- 各種契約検討(Power Purchase, O&M, Concession etc)
- 国内の電力小売事業の法務対応
- Demand response
4. その他
- 金属資源(銅、鉄鉱石、石炭)プロジェクトへの出資、オフテイク全般
- 米国規制対応(HSR、CFIUS、イラン制裁、FCPA)

地域

日本、アジア、中東、欧州、米国含む米州

役割

電力案件の法務セクションの責任者の経験

規模

電力・エネルギー・金属資源関係の幅広いプロジェクトを担当

期間
2004年 〜 2018年頃