PoC活動および実証実験活動を通じて事業活動に貢献します

謝礼金額の目安(1時間あたり) 7,000

経験内容

  • 土木工事
  • 事業開発

「社会インフラ維持管理」という社会問題に真正面から向き合い、大手民間企業の支援という形で課題整理~解決案提示~試作・実証実験~事業化の支援を行っています。
橋梁やトンネルといった社会インフラにおける維持管理の問題は、国が重大事項として公金を投資し取り組んでいます。NEDOやSIPといった国プロジェクトと関わったり、国プロジェクトに関わりのある企業にヒアリングを行ったり、時に公金の一部を使って価値仮説の構築と試作といった先導研究を行ったり、さまざまな活動を行っています。
一部、既に事業化に成功した事例もあります。定期点検に係わる損傷検知&計測&図化を自動化することで作業効率化を実現するソリューションを導出し、上市前にしっかりと実証実験によって実績を積むことで、上司時点で2桁台のユーザ企業数を獲得した製品に携わりました。現在は、その製品の拡張機能を画策しつつ、並行してまったく別の課題解決ソリューションの価値仮説構築に向けて調査&試作を進めています。
「PoCのみで終わってしまい実現化・事業化できない」や「試作してみたが実験結果がうまくまとめられず事業計画がFixしない」といったご相談を受けることが多くなってきています。これらの悩みは新規事業では必ず付きまといます。新規事業では「研究開発サイクル」という考え方を持ち、「①市場調査→②市場課題明確化→③価値仮説→④仮想カタログ化→⑤評価設計→⑥評価版試作→⑦評価→⑧評価結果まとめ&評価版課題明確化→③~⑧の繰り返し」をしっかりと丁寧に迅速に行うことが重要と考えております。言葉・文字に起こせば簡単にも思えますが、実践するとなると非常に大変であり、困難です。一方で、先述の悩みはこの「研究開発サイクル」を遂行することで解決できることが多いです。その後、上市、つまり社会実装に向けて事業計画のFix、実証実験プラン、実証事件、・・・と進めていくことで、新規事業をスタートさせることができるでしょう。

地域

主に東京近郊、関東県内、場合によって地方もあり

役割

技術営業、ITコンサル、ブリッジSE、調査、マーケティング、開発管理、実証実験、評価

規模

20~30名程度で活動、クライアント規模は5000名程度

期間
2016年 〜 現在
関連する職歴
  • 某ITベンダー(100人規模)

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

unistr(任意団体) / 代表


横浜市内の大学(理学部)を卒業後に某SIerに就職し、親会社向けプロジェクト管理システムの運用保守や新規機能開発などをITエンジニアとして担当していました。親会社向け特有の無理難題、例えば毎日鳴りやまない問合せのコールや日常的に発生する緊急対応や極端に短い納期での新規機能開発や高頻度で実施しなければならないインフラ・プラットフォーム環境のバージョンアップなどを対応することで、ITエンジニアとして精神面でも技術面でも成長することができました。その後、自身のキャリアとして外販プロジェクトの経験を多く積みたいと考え某ITベンダーに転職し、前職の経験を活かし4年間くらいはITエンジニアとして(多くはDBAとして)現場で活躍したのち、某大企業の技術営業として委託業務を担当することになり、今に至ります。現在も某大企業の技術営業として主に新規事業に係わる研究開発部門の立場として様々な活動を行っております。今後は、今まで培ってきた経験を活かし任意団体unistrを設立し、会社員という立場と並行して直接的に社会貢献活動を行います。

プロフィール詳細を見る