オフィス、工場における働き方改革におけるITによる業務改善、社員のエンゲージメント向上策についてお話しができます。

  • 経営/管理部門
  • 建設/不動産
  • 経験内容

    具体的な経験の内容

    総務、経理、人事部門などのコーポレート部門と事業・営業部門、工場部門の混成チームによる働き方改革部会を発足し、事務局の立場でファシリテートしています。コーポレート部門においては数千件の定型業務を中心に業務の無駄取り、業務フローの改善、電子化などを実施しました。事業部門や工場部門においては、IoT機器やクラウドシステムなどの導入により、エンジニアリング業務の遠隔化・集中化・品質向上を実施しました。

    実績や成果

    従業員平均残業は10時間以下、有給取得率は80%達成、クラウド化やAI/ITツール、RPA導入、テレワークやサテライトオフィスの活用よる仕組みの導入により本社業務のリモートワーク化50%を達成しました。
    また、工場部門においては、本社~事業所間、あるいは事業所間同士のリモートワークを実現し、現場常駐型ジョブからの解放を推進中です。

    そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

    長時間労働の常態化、若手技術者の離職、女性社員のモチベーション低下、人財育成カリキュラムの不活性などを、問題意識の高い中堅社員を巻き込んでのプロジェクト体制で経営と現場意識のギャップを埋める施策と実行計画を進めてきました。また、業務改善活動を進めていく中で、業務改善意欲の向上と維持を図るため、人事処遇制度の見直しを同時に図りました。

    お役にたてそうと思うご相談分野

    1.働き方改革の取り組みは、業務効率化活動と連携が深く、社員の意識調査や現場実態把握を基本とした課題抽出と有効な施策を如何にして繋がるかにかかっています。全般的な取り組み方と課題解決についてお話できます。
    2.コーポレート部門における定型業務の棚卸作業から業務分析および業務フローの見直し、IT導入に至るまでの進め方、課題解決方法
    3.現場のプラント監視業務、パトロール業務、工場建設・保全業務等の棚卸作業から業務分析および業務フローの見直し、IoT機器の選定・予備検証・クラウドシステムとの組み合わせによるトライアル、本格化導入に至るまでの進め方、課題解決法
    4.業務改善活動と同時解決を図るための従業員教育、キャリアアッププラン作成、組織開発、および人材評価方法

    地域

    東京

    役割

    働き方改革実行責任者

    規模

    エンジニアリング会社 1500名、 化学会社 50,000名

    期間
    2017年 〜 現在

    概要

    三菱ケミカルホールディングス傘下の三菱ケミカル社、三菱化学メディエンス社、三菱ケミカルエンジニアリング社に在籍し、プラント建設、生産技術開発、臨床検査と医薬品開発支援サービス事業、エンジニアリング事業を経験しました。

    1.三菱ケミカル社:プラント建設、プロセス開発、装置開発、自動化システム開発、サプライチェーンマネジメントシステム構築
    2.三菱化学メディエンス社(現LSIメディエンス社):臨床検査事業企画および創薬支援(前臨床、臨床試験サービス)事業企画
    3.三菱ケミカル社(生産技術部門)、三菱ケミカルエンジニアリング社(経営企画部門):いずれも在籍中
    中期経営計画策定(DXプロジェクト、SDGs対応プロジェクト)、健康経営・働き方改革プロジェクトの推進責任者。
    化学・食品・医薬・半導体業界など製造業向けAI/IoTを利活用したソリューション事業担当。

    職歴

    開示前(決済前には開示されます)

    他の経験