自身でプロジェクトの方向を変え、海外での職場環境を改善させた経験をお話しできます。

  • エネルギー(石油開発・精製)
  • 事業開発

経験内容

中国の建設工事現場では、労働安全衛生の一環としてIIF(無事故・無傷害)活動の推進役も務めました。しかし、当初この活動は現場の欧米協業企業には完全に軽視されていました。そこで、彼ら向けに説明会を開き、過去PJの成功事例(中国語での安全あいさつ運動等)などを説明し、安全意識の向上を訴えました。
その結果、IIF活動に彼らも積極的に参加するようになり、関係者の安全意識が高まりました。実際に、IIF活動普及後の当現場では、作業員による年間事故数が6件から1件と減少しました。

地域

中国 山東省

役割

中国の建設現場に駐在し、工程管理と客先対応を主に担当しました。

規模

70人の中国人のマネジメント

期間
2014年 〜 2015年頃