医薬品流通規範(GDP)の現状と将来戦略(EU、中国、東南アジア、北米)

  • 医薬品卸(医療)
  • 物流

経験内容

EUでは医薬品の製造工程から出荷した後のトレーサビリティ、品質管理についてGDP規制を強化している。
まずは偽薬混入の防止である。
ファイザーはED薬の先発メーカーであるが多くの偽薬が出回り、ブランド力の棄損に留まらず、偽薬の回収、調査、公表など莫大なコストをかけて偽薬の防止に翻弄されている。
また、ワクチンなど管理温度帯の厳しい要求のある医薬品については定点での温度管理だけでなく、連続した温度管理が求められる。
EU GDP。PIC/S GDPは今後の医薬品流通のデファクトとなっていく。
欧州、SEA、中国の事例について知見がある。

地域

欧州、SEA、中国

役割

マーケティング、ソリューション提案

規模

メルク、ファイザー、ロシュなど

期間
2013年 〜 現在

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

職歴:(開示前)

職歴

開示前(決済前には開示されます)

他の経験