自動車ボディ設計開発

  • 自動車部品(ボディー・内装)
  • 研究開発

経験内容

具体的な経験の内容

 マツダCX-5, CX-8, アテンザー,アクセラのアンダーボディ設計
 本田 開発中車種のアッパーボディ設計

実績や成果

 エンジンルーム/ダッシュボード回りのボディを担当し、共有化を最大限にしつつ、
 衝突5つ星などの性能を実現できた。

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

 車重が大きく異なる車の部品共通化と衝突性能の両立。
 すべての車種を同時に考え、その仕様を見込んだ部品構想を立てて乗り越えた。

業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

関連する論文やブログ等があればURL

お役にたてそうと思うご相談分野

 自動車ボデー設計、自動車開発プロセス

地域

日本

役割

エンジニアとして、アンダー/アッパーボデー設計を経験

規模

10万人以上

期間
2013年 〜 現在

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

職歴:(開示前)


自己紹介

子どもの時からイニシャルDが大好きで、日本に来て車設計に携わっています。
特にスポーツカーが好きなので、今はマンガに登場できるスポーツカーを設計するのを目標にして頑張っています。
外国文化もすごく興味があるので、休日はよく世界各地の人と遊びます。
グローバルな車会社で働くのは一番理想だと考えています。

職歴

開示前(決済前には開示されます)