ECセンターAI搭載自動搬送ロボット導入効果と留意点についてお話しできます

  • 小売(衣料・アパレル)
  • 物流

経験内容

①EC取扱量拡大のビジネスニーズに対応するためには、物流労働力不足の環境下ではもはや自動化は必須。
 その経営課題に対しての、対応事例についてのアドバイス。
・どのように社内(荷主)意思決定し導入を実現したか?
・自動化設備とパートナー選定はどのように行ったか?
・要件定義、プロジェクト活動で、克服しなければならない課題とその対応は?
・反省とリスク、その解決アイディアは?
②物流子会社の解散経験からのアドバイス
・プロセスと課題?
・組織のメンテナンスとモチベーションの維持は?
・人員整理と給与テーブルの再構築方法?
③物流センター統合、新設 プロジェクトの経験からのアドバイス
・立地選定方法は?
・センターデザインで留意することは?
・3PL選定とビジネスパートナーシップの構築方法は?
・運営組織のあるべき体制とチーム作りは?
④ビジネス改善と物流効率改善とのトレードオフ手法について
・間違ったKPI設定とサイロマネジメントのリスクについて?
・欧米企業で導入されている現場改善のノウハウについて?
・トレードオフ分析方法について?
⑤なぜ、企業の物流部門スタッフのレベルが上がらないのか?人材育成のヒントについて
・アジアのスタートアップ企業スタッフに負けている日本物流マン
・ランゲージバリアと思考の違い
・日本の物流業界、協会の負の部分
・優秀な人材を育成・確保するにはどうするべきか?

地域

関東圏、中京圏、上海、深セン

役割

事業責任者、プロジェクト責任者

規模

100名、ビジネスパートナー3社

期間
2004年 〜 現在

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

職歴:(開示前)


自己紹介

・流通業サプライチェーン・ロジスティクス、物流の改革・改善が専門。
・日欧米のグローバル企業でのサプライチェーンロジスティクスの実務/管理職経験20年以上
・物流戦略企画立案から物流最適化・コスト削減・システム構築・現場改善まで企業にて幅広く経験
・物流センター統廃合、新設プロジェクトリード多数経験
在庫管理ポジションの最適化を需給最適化システムとLMS(ロジスティックスマネージメントシステム、WMSで構築経験
・グローバル企業での輸送配送の責任者としてファースト、ミドル、ラストマイルの最適ネットワーク構築経験を有する。
・直近はECフルフィルメントセンターの新設とAI自動搬送ロボットの導入稼働をプロジェクト責任者としてリード。
・次世代のデジタルサプライチェーン・ロジスティクスへのトランジションを支援 アドバイス活動中。

職歴

開示前(決済前には開示されます)