起業における事業計画・業務分析とリスク管理・業務フローの設計・人材確保・営業育成及び体制づくりなどお話しできます。

謝礼金額の目安(1時間あたり) 20,000

経験内容

  • アウトソーシング
  • 経営者

1989年4月リクルート入社、3ヶ月の研修後、広告事業部企画室配属
社内向け広報誌の編集制作・発行、高校生新卒マーケットの販促、高校生向け就職情報誌の企画を担当。
1990年7月同社広告事業部へ営業で異動
主に新卒の求人広告の営業
バブル崩壊後、リクルートの媒体力が落ちる中、新規サービスを設計・提案し安定して受注を拡大
採用だけでなく、社員定着のための人事評価制度やマネジメント研修、モチベーション管理の分野にまで携わる。
1997年同社グループの経営資源を用いた介護事業を提案し承認され、事業化のため、ライフケア事業準備室が設立するも、当時同社が置かれた環境面からまったくの異業種への新規事業が中止され、97年12月末ライフケア事業準備室解散。
1998年3月末リクルート退社
1998年4月アウトソーシングを主としたベンチャー企業の立ち上げのために経営に参加。
IT企業の業務管理や物流管理、データベース管理のアウトソーシングに特化させ、成長。
98年6億円だった売上が、翌99年31億円、00年105億円まで成長するも
2000年ITバブル後、失速。取引を大幅に見なおし、縮小し、ビジネススキームを変更。
2001年7月株式会社マスターピース(現:マスターピース・グループ株式会社)とし再スタート。
利益率のよかったコールセンター事業に資源を集中し、既に大手各社で寡占化していたマーケットであるため、差別化で中国大連に日本人オペレーターを配置したコールセンターを設立(2003年2月)。
同時に、日雇い派遣事業やコールセンターを使った求人広告事業も開始。
大連では中国人オペレーターを育成し、データ入力事業を2005年に立ち上げる。
2007年にはタイバンコクに日本人オペレーターを配置したコールセンターを設立。
08年より中国国内向けのコールセンター事業を開始。
営業面では、営業もコストと位置付けインターネットを介した集客システムを構築。
営業の人員の大幅削減と効率化を実施し、軌道にのせる。
2015年 一身上の都合でマスターピース・グループ株式会社の代表取締役を辞任。
同年4月にテレビ局へのAD・ディレクターの派遣企業の経営に参加。
これから規模を拡大するために採用を中心に担う。
16年4億円だった売上を17年7億8千万円、18年12億円に拡大。
最終面接者としても、毎年300名程の人材を最終面接し、毎年3桁の採用を成功させている。

地域

東京本社/中国現地法人/タイ現地法人/フィリピン現地法人/地方都市法人

役割

マネジメント経験/営業/採用

期間
1989年 〜 2015年頃

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

登録して事前相談

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

職歴:非公開


株式会社リクルート(現株式会社リクルートキャリア)で10年、新卒採用、中途採用、教育研修開発、評価制度設計、モチベーション管理の企画・営業をしてきました。 その後、コンサルティングや提案だけでなく、それを実際に運用にのせることまで責任を負ってやるビジネスに興味をもち、小さなアウトソーシング会社の経営に参加。様々な試練を経て、中国・タイ・フィリピンにも進出し、グループ2000名を超える企業にまで成長させました。 現在はテレビ局へのAD・ディレクターの派遣業を営む企業の経営に参加し、毎年売り上げを倍増させています。

このアドバイザーの他の経験

プロフィール詳細を見る