障害者雇用の全般及びメンタル不調者の対応の肝をお伝え出来ます。

謝礼金額の目安 直接アドバイザーにお問い合わせください

経験内容

  • 食品機械
  • 経営者

具体的な経験の内容

・工場及び支店、本社での障害者雇用と実際の障害者就労支援(知的障害、発達障害対応) 

実績や成果

・H19年6月に一社化になった為、障害者雇用率が0.34であった為、ハローワークから直ぐに特別指導が入った、
 H23 年末に当時の雇用率1.8を達成した。当社の積極的な障害者雇用の考え方が評価され、東京都教育委員会の
 就労アドバイザーに推薦され、2014年からアドバイザーとしても活動している。

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

・障害者雇用率は法律で定められているので会社としてやるのは賛成だが、自分の処では無理だという支店長や
 営業所長が必ずいる。戦力となる障害者雇用の必要性を訴え、特別支援学校や障害者雇用を実践している企業
 に同行し障害者の状況を見せた後、取り敢えず実習(インターンシップ)の受け入れから始め、戦力となりう
 ることを理解させてきた。

業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

・現在東京都教育委員会の就労支援アドバイザーもやっており、障害者雇用全般に付いての情報は豊富に持って
 いる。 

関連する論文やブログ等があればURL

・http://www.nivr.jeed.or.jp/download/vr/vr19_essay15.pdf
・http://www.nivr.jeed.or.jp/download/vr/vr20_essay05.pdf
・http://www.nivr.jeed.or.jp/download/vr/vr21_essay14.pdf
・http://www.nivr.jeed.or.jp/download/vr/vr22_essay05.pdf

お役にたてそうと思うご相談分野

・ハローワークから障害者雇用で特別指導を受け、実際にどの様にやれば良いのか悩んでいる企業
・知的障害、精神障害者、発達障害者の雇用を促され、二の足を踏んでいる企業

地域

(株)前川製作所の全国支店及び営業所60か所及び3工場(守谷工場(茨城)、東広島工場(広島)、佐久工場(長野))

役割

障害者雇用の計画から就労に至るまでの流れ、就労定着までのコンサル業務。(メンタルヘルスも同様)

規模

社員数;国内2,546名、海外2,016名(2017年5月)

期間
2009年 〜 現在

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:(開示前)

職歴:(開示前)


1976年(株)前川製作所入社以来、冷凍・冷却設備の電機・計装制御システム設計及び試運転引き渡し業務と省エネ営業に15年近く従事し、独法(分社化)時代は2社の社長を歴任した。その後、国のプロジェクトを受託するための新組織に移り、10年近く農水省、経産省の研究助成を受託に奔走した。(億単位の事業としては、冷蔵倉庫内の自動化システム、食品盛り付けロボット、農作業支援ロボット、イチゴ収穫ロボットの開発プロジェクトを立ち上げた。)2007年に(株)前川製作所東広島工場長に就任した。当時の社長肝いりで立ち上げた消失模型鋳造方式の品質が安定せず、不良品の山だったことからこの品質向上に注力し、新工場立ち上げと広島県、東広島市との人脈づくりに奔走した。と同時に前川製作所として、障害者雇用の特別指導を受けたことを知り、積極的な障害者雇用と産業カウンセラー、キャリアカウンセラーの資格を有していたため、メンタルヘルス対応も同時に行った。2008年に取締役、翌年常務取締役に就任したが2009年に九州国立博物館でメンテナンス作業中にNH3が噴出し、協力業者の方一人を亡くした為、安全専任担当役員に任命された為、社内の安全体制づくりに奔走し、支店長、工場長自らが頭に立ってやる安全体制を確立した。2011年の東日本大震災の時は安全総括として震災対応に奔走し直後に宮古、気仙沼、石巻、仙台に飛び状況確認するとともに、悲惨な現場を見ている社員のPTSDを心配し、盛岡営業所に東北地域の社員全員を集め、メンタルケアを行った。その後、当社が福島第一原発の凍土壁用の冷凍機ユニットの納入が決まった為、社員を派遣する上でも自身が現場を知る必要があると考え、計5回、放射線測定器、フルフェイスのマスクを着用し原発の当社社業領域に入った。 (社)ロボットビジネス推進協議会幹事 (社)日本冷凍空調工業会政策審議委員 を歴任した。 現在はNPO法人キャリア・コンサルティング協議会登録キャリアコンサルタント 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構認定 企業在籍型職場適応援助者 NPO法人交流分析協会認定交流分析士インストラクター、中央労働災害防止協会 心理相談員