海外市場でのプロモーション

  • 食品(菓子)
  • 海外営業/海外進出

経験内容

ヨーロッパおよび米国の市場への進出およびプロモーションについて、やらなければいけないこと・やってはいけないことをお伝えします。
海外プロモーションおよび販売の実績
 フランスの老舗百貨店「ボン・マルシェ」、米国高級食料品店「ディーン&デルーカ」での販売および現地プロモーション活動の実現
 日仏経済交流委員会(CEFJ - Comité d'échanges Franco-Japonais)参加
 ニューヨークのホイットニー美術館でのプレス向けイベント実施
 英国の著名ティー・ルームでのプロモーション活動の実現
 ミラノ万博での日本館イベント参加
 京都市・京都府・茶業組合のイベントへの参加多数

地域

フランス、イギリス、アメリカ、パリ、ロンドン、ニューヨーク、ロサンゼルス

役割

海外事業準備室長

規模

新規

期間
2008年 〜 2017年頃

自己紹介

企業の経営戦略・事業戦略を企画し、進むべき方向性を策定し、行動すること。プロモーションと販路の取捨選択とインストア・プロモーションによる売上拡大と、業務プロセスの改善による利益確保と事業の安定。組織運営を通してチーム・ビルディングとモチベーションの向上と離職率の低減。これらをオーナー社長直轄の立場で経験してまいりました。

銀行勤務での経験やその後のコンサルティング経験により、ファイナンスや財務や経理の知識は備わっています。また、社内横断的なプロジェクトの推進も経験してきました。こうした経験のなかでコミュニケーションやチーム・マネージメントの大切さを実感しております。直属の部下たちからの「期待度と満足度調査」(リンクアンドモチベーション社)による上司としての評価は、最高ランクのスコアを獲得しています。また、外資系企業での勤務経験や海外での駐在や生活経験(ニューヨーク、パリ)から、多様性の経験と理解は備わっています。

平成29年「京で輝く!女性活躍推進シンポジウム」(京都市主催)パネラー
平成28年「京都女性の活躍見える化シンポジウム」(京都府主催)パネラー
京都府平成23年度「宇治茶の魅力、世界へ発信プラン」検討会議委員
平成25年 山城ものづくり企業オンリーワン倶楽部事業「さらなる販売拡大に向けて~企業・商品価値を決める広報戦略~」(公益財団法人京都産業21主催)講演

キーワード:MBA、経営修士、MOT、イノベーション、技術革新、新規事業、企業再生、中小企業、プロモーション、業務プロセス改善、離職率低減、リーダーシップ、モチベーション、組織改革、人事制度改革、労働環境、BPR、HRM、人材育成、経営企画、事業企画、海外駐在、海外営業、国内営業

職歴

開示前(決済前には開示されます)