自動車の個人リース・法人リースにおけるノウハウ(説明資料作成・説明方法・成約のコツ 等)についてお話できます

  • 自動車
  • コンサルタント/リサーチ

経験内容

自動車販売会社を31年間連続黒字経営。最終的に無借金経営で平成27年3月譲渡。
法人リースを早くから手掛け平成14年から個人リースに取り組む。
その後リース会社の代理店会(600社)副会長とオイル会社の指定店会(1200社)副会長を
長年勤める。その関係で「法人リース」や「個人リースの講演会」に九州から北海道まで全国に講師として招かれた。
その後(株)五常訓をたちあげコンサルタントを続けている
「法人リース」や個人リースは、お客様への説明が難しい為 敬遠されがちですが、「説明用資料」を作成することにより
整備士でも事務員でも説明でき 社員全員を戦力とすることが出来る。

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

NCS日本カーソリューションズ(リース会社)の代理店会(レインボークラブ 会員500社)副会長(2008-2015)
ザーレンクラブ連合会(オイル会社指定店1200社)副会長(2007-2015)
(株)五常訓(2015-現在)

どちらでご経験されましたか?

スズキオート福山株式会社を31年経営
(株)五常訓(2015-現在)

その時どのような立場や役割でしたか?

個人・法人リースの指導講演を全国で行っている

この分野は今後どうなると思いますか?

自動車業界は、少子化と若者の車離れが進む為ますます競争が激化して生き残りが厳しくなる。
また一般顧客の傾向は、多様化するように見えるが 大きく分けて二つの傾向がみられる。
とにかく価格に厳しい顧客と値段はそこそこ気にするが基本的により良いサービスを望む顧客である。
どちらの顧客が集まるかは、その企業の発信の仕方にある。
安売りのDMやチラシを配れば価格に厳しい顧客が集まり
利便性や安心を訴えるDMやチラシを配ればよいサービスを望む優良な顧客が集まる。
「法人リース」や「メンテナンス付個人リース」は、まさに後者である。
そこでリース指導講演の経験を活かし「法人リース」や「メンテナンス付個人リース」を進め優良顧客を集めより良い経営を
目指すお手伝いをしたいと思う。

地域

日本

役割

代表取締役社長 コンサルタント

規模

ザーレンクラブ連合会(オイル会社指定店1200社)リース会社の代理店会(レインボークラブ 会員500社)

期間
2007年 〜 現在
関連する職歴
  • 株式会社 五常訓 代表取締役 社長
  • スズキオート福山株式会社 代表取締役社長

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

株式会社 五常訓 / 代表取締役 社長

プロフィール詳細を見る


自己紹介

自動車業界は、少子化と若者の車離れが進む為ますます競争が激化して生き残りが厳しくなる。
その中で発生するのが人手不足である。今回外国人実習生の指定業種に自動車整備が加えられた。
そこで以前から取引のあるベトナムの実習生送り出し機関と手を組み早速整備士の受け入れを始めた。
また介護実習生に関しては、昨年よりインドネシアのバリ島で介護・看護専門学校卒業生を対象に面接を終え日本語教育に入っている。
この二つの業界は、人手不足がますます深刻化することは間違いない。

さらに自動車業界で言うならば
一般顧客の傾向は、多様化するように見えるが 大きく分けて二つの傾向がみられる。
とにかく価格に厳しい顧客と値段はそこそこ気にするが基本的により良いサービスを望む顧客である。
どちらの顧客が集まるかは、その企業の発信の仕方にある。
安売りのDMやチラシを配れば価格に厳しい顧客が集まり
利便性や安心を訴えるDMやチラシを配ればよいサービスを望む優良な顧客が集まる。長年日本カーソリューションズ(NCS)代理店副会長を務め全国で代理店研修を行ってきた。その経験から言って今は法人リースが中心であるが最近注目されているのが「メンテナンス付個人リース」である。これは、まさによいサービスを望む優良な顧客である。
そこでこの「メンテナンス付個人リース」を進め優良顧客を集めより良い経営を
目指すお手伝いをしたいと思う。

職歴

  • 株式会社 五常訓 /代表取締役 社長

    2015/3 在職中

  • 日本介護事業協同組合 /理事

    2007/4 在職中

  • スズキオート福山株式会社 /代表取締役社長

    1984/10 2015/3

他の経験