海外企業(製造販売)の買収

  • 二次電池
  • 事業開発

経験内容

・M&Aありきではなく,事業のグローバル化のための戦略策定からスタート
・全世界の候補会社を系統的に網羅したロングリストを作成,さらにショートリストに絞り込み
・個別に打診開始.即座に断られたところ,話し合いを開始したところ,DDの結果断念したところ等あり
・欧州の某企業の株主と交渉開始し,紆余曲折を経ながらも3年越しでクロージングにこぎつけた
・売主は事業上の課題を抱えた創業家株主であり,交渉に際して無理難題,くせ玉を乱発
・そのたびに対応策や代案を考え,経営幹部の承認を取りつつ交渉先に投げ返すことを繰り返した
・契約書の文言レベルでも厳しい交渉が続いたが,法律事務所の力も借りながら妥結
・該当業界のグローバルな構図,主要プレイヤーとその特徴,業界の課題とトレンド,などは十分に把握
・自動車電動化(EV化)とそれに必要な技術,投資,競争環境などの議論はお手伝いできます
・再生可能エネルギーの導入と電力網の安定化のための2次電池の活用についても知見あります

地域

欧州現地と東京本社

役割

発案・企画,事業部側責任者,交渉フロント

規模

対象事業売上約500億円/年

期間
2014年 〜 2017年頃

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

職歴:(開示前)


自己紹介

・航空宇宙工学で工学博士の学位を取得.
・油田計測サービス企業に入社.石油探査機器の開発に取り組みました.
・スーパーコンピュターを用いた流体力学計算サービスのスタートアップ企業に転じました.
・総合電機メーカーの機械工学系研究所にて,各種流体機械の研究開発,電子機器冷却の開発などに従事.
・本社研究開発本部,技術戦略室などで技術戦略に関する仕事に従事.さらに経営企画室長として中期経営計画策定や課題事業対策に取り組みました.
・電池事業社内カンパニーのCTO兼副事業本部長として,電池事業を統括.
・電池事業を行っていた子会社に役員として移籍するも,TOBにより総合電機子会社の化学メーカーに転籍.マーケティングとM&Aに取り組み成果を上げました.

職歴

開示前(決済前には開示されます)

他の経験