可視光・近赤外光領域の光センシングシステムについてお話しできます

  • 電子部品(センサ)
  • 研究開発

経験内容

具体的な経験の内容

【開発経験製品群】
・車載向けレーザーレーダ(LIDAR)
・医療向け次世代X線CT装置
フォトダイオード開発(可視光領域及び近赤外領域に感度を有するデバイスの開発)とその読み出し回路(ASIC及びディスクリート ICを使った回路)の開発を主に行なっていました。また、PCB設計や、電源回路、ハードウェア制御システムの開発も行なってきました。
光デバイス(フォトダイオード、アバランシェフォトダイオードなど)、半導体回路(アナログ回路設計・デジタル回路設計両方とも)、及びPCB設計や制御設計に関するご相談へのアドバイスが可能です。
また、後戻りのない開発プロジェクト推進の方法や、論文サーベイ・アイデア創出方法に関してもご相談いただけます。

実績や成果

・X線CT開発プロジェクトでは2013年に社内表彰を受賞(約1000件のプロジェクトより選出)
・X線CT向けICの量産移管
・車載向けレーザーレーダの量産

業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

X線CT
・トレンド:知見あり
・主要プレーヤー:知見あり
・バリューチェーン:あまり知見はない
レーザーレーダ
・トレンド:知見あり
・主要プレーヤー:知見あり
・バリューチェーン:あまり知見はない

関連する論文やブログ等があればURL

論文:1本
特許文献:筆頭11件登録、6件審査請求中

お役にたてそうと思うご相談分野

・医療機器(X線CT装置)のハードウェアシステム全般技術にかかる内容
・車載センサのハードウェアシステム全般技術にかかる内容
・プロジェクトの推進方法にかかる内容
・半導体回路技術にかかる内容
・電子回路技術にかかる内容
・論文の調査方法にかかる内容
・特許の調査方法及び出願にかかる内容
・アイデア創出方法にかかる内容

地域

神奈川県川崎市および愛知県刈谷市

役割

ハードウェア開発エンジニア

規模

社員数1万人以上

期間
2012年 〜 現在

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

職歴:(開示前)


自己紹介

・車載用光センサに関するデバイス及び読み出し回路、ハードウェアシステムの量産設計開発
・医療用光センサに関するデバイス及び読み出し回路、ハードウェアシステムの研究開発

職歴

開示前(決済前には開示されます)