食品(発酵食品・煮物)における生産技術の開発、導入の経験について話せます

  • 食品(発酵食品・煮物)
  • 生産技術

経験内容

調味料(粉体、液体)、レトルト製品、油脂などのプロセス制御、包装ライン設計、ロボット技術導入、スプレードライヤー導入、植物油脂プロセス導入、発酵プロセス導入、バーコードを使用したMES(製造実行システム)の導入などを経験してきました。

地域

日本、タイ、インドネシア、中国

役割

生産技術導入、生産技術開発、エンジニアリング、自動化、システム化

規模

連結社員3万人

期間
1990年 〜 現在

自己紹介

グローバルに事業展開する大手食品会社を経験しました。これまで生産にかかわる仕事を中心にさまざまな経験をしてまいりました。これらの経験を食品業界を中心とした製造業で活かし、社会に貢献できればと考えています。生産事業所では事業改革・安定生産を達成し、3年間で赤字脱却しました。過去においては、他社との事業再編による新会社発足時の生産拠点の統廃合と包装・物流コストダウンに深く関与し、閉鎖工場の従業員一人一人が不満なく最後まで働けるよう腐心し、大きなトラブルもなく目的を達成してきました。現場改善・業務改善といったトヨタ生産方式の手法をベースに自動化技術、MES(生産実行システム)をベースとした生産技術で、会社生活のかなりの時間をこの分野にかけ続け、合理化、構造改革などに取り組み全社表彰も何度かいただいています。また、子会社の取締役をいくつか経験してきたことから、会社運営・組織運営についてもいろいろと自分の経験を活用できるのではないかと考えています。皆様方の課題解決や事業の拡大のために私の経験がお役に立ち、ひいては日本の製造業の発展に貢献できればと考えています。

職歴

開示前(決済前には開示されます)

他の経験