中枢神経系薬剤の創薬研究、神経薬理学が専門。認知症治療薬アリセプトの発見者のひとりです。

謝礼金額の目安(1時間あたり) 30,000

経験内容

  • 製薬(医療用医薬品)
  • 研究開発

具体的な経験の内容

私は、1976年にエーザイに入社し、3年間の安全性研究を経て、1979年から中枢神経系創薬領域の薬理研究に移りました。認知症治療薬アリセプトにつながるプロジェクトは1983年から筑波研究所ではじめられますが、その初期から薬理研究者として関わりました。アリセプトを仕上げ、その次のバックアップ化合物を絞り込む途中で、NIMHの神経心理学・記憶研究の大家であるMortimer Mishkinの下に留学し、non-human primateを用いた薬理学的な研究を行いました。創薬研究としては一貫して脳・神経領域の創薬研究に従事しました。また、アリセプトの臨床研究、上市後の展開においても、学術的な観点からアリセプトを支え、いわばアリセプトという薬剤の半生記をつぶさに見て参りました。2010年から本社に移り、ポートフォオ・マネジメント担当しました。2017年に定年退職しました。

実績や成果

認知症治療薬アリセプトの創製。中枢神経系領域の創薬ポートフォリオ構築。

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

ほとんど社内的にも経験がない分野で、すべて自前でゼロからものをつくってきた。

業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

関連する論文やブログ等があればURL

英文原著論文:約50報、日本語レビュー論文・記事:約30編 (必要であれば履歴として提出致します)
受賞歴:アリセプトの創製が評価され、以下の賞を受賞しました。
1998年度 日本薬学会技術賞受賞  1998年度 化学・バイオつくば賞受賞  2002年度 恩賜発明賞受賞(全国発明表彰)

お役にたてそうと思うご相談分野

中枢神経系領域創薬研究の評価、アドバイス。
認知症領域のポートフォリオ、プロジェクト評価。

地域

エーザイ筑波研究所/茨城県、つくば市

役割

創薬薬理研究員、研究ディレクター、その後本社(東京)にてポートフォリオ戦略担当

規模

創薬研究ディレクター時は、研究者約50名。

期間
1978年 〜 2017年頃

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:(開示前)

職歴:(開示前)