化学農薬に替わる微生物を使った栽培方法の研究開発

謝礼金額の目安(1時間あたり) 20,000

経験内容

  • 農場
  • 研究開発

具体的な経験の内容

 化学農薬に替わる微生物資材を活用した栽培方法の確立と普及

実績や成果

 生育が2割増しになり、病害虫被害も軽減されるような栽培方法の実用化に成功

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

 試験に協力してくれる生産者の確保が難しかったが、SNSを活用した広報にて対応

業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

 日本を代表する企業との協業を行うことになりました

関連する論文やブログ等があればURL

お役にたてそうと思うご相談分野

 農業生産における次世代の化学農薬を削減した栽培方法の提案

地域

日本全国

役割

試験栽培とプロジェクトマネジメント

規模

日本を代表する関連企業との共同研究

期間
2017年 〜 現在
関連する職歴
  • 十和田グリーンタフ・アグロサイエンス株式会社 フィールドアドミニストレータ
  • 合同会社 農ら猫 代表社員

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

登録して事前相談

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

十和田グリーンタフ・アグロサイエンス株式会社 / フィールドアドミニストレータ


IT企業を脱サラ後、2011年より全く縁のない長野へIターンし、新規就農しました。 日本の農業の伸び代に限界を感じ、東南アジアへ市場調査を行い、二年目には半年間香港でイチゴ栽培を経験しました。 三年目で補助金を止め、独立して営業活動を行いながら、現在は日本で観光農園兼シェアハウスを運営しています。 2018年1月には、農水省の案件でオーストラリアの農業を視察し、夏は日本で、冬は東南アジアで農業を行うため、現地パートナーを見つけて海外進出の準備中です。 また本業の傍ら、農業資材を販売する仕事として日本全国を回り、ロボット農場のパイロットファームやバイオ系ベンチャー企業の立ち上げにも参画させて頂く事になりました。

このアドバイザーの他の経験

プロフィール詳細を見る