半導体(ディスクリート)における経営企画/経営管理の経験について話せます

  • 製造業
  • 経営/管理部門
  • 経験内容

    M&A立案と執行
    中期経営計画策定

    地域

    京都

    役割

    マネジメント

    規模

    売上3500億円、社員数連結20,000人

    期間
    2010年 〜 2017年頃

    氏名・職歴の開示について

    氏名:(開示前)

    職歴:(開示前)


    自己紹介

    国内半導体製造業のローム株式会社の法務部門に入社。平時の取引契約からM&Aの契約まで、日本語英語問わず3年半の間で1,000件以上の案件を担当。M&A案件では国内海外共に法務Due Diligenceと契約交渉を担当。2010年に事業企画室に異動後はM&A&アライアンスのプロジェクトリーダーを担当。2013年4月CFO直轄の部門長として経営企画室長に就任。①全社のM&A案件の創出・執行・買収後統合プロジェクト、②関係会社の統合・閉鎖プロジェクト、③全社中期計画事務局、生産戦略事務局、ポートフォリオマネジメント等、全社横断的な経営課題につき判断と実行を支援する機能に責任者として従事。
    2017年11月よりオムロン株式会社のインダストリアルオートメーションカンパニー企画室事業企画部にてファクトリーオートメーション事業のM&A案件の創出、執行、買収後統合、経営管理まで一貫して担当。
    2019年2月より株式会社ユーシン精機の経営企画室にて、中期・短期経営計画PDCAサイクルの構築、競合動向含めた経営情報の可視化、生産体制再編、子会社資本政策、子会社ガバナンスシステムの構築、M&A戦略策定、法務部門立ち上げ等を担当。
    英語はビジネスレベルで使用可能。法務博士、経営学修士を保有。

    Started career as member of Legal Division of Rohm Co., Ltd., a leading semiconductor company in Japan. For three and half years, reviewed, and negotiated more than 1,000 contract projects in both Japanese and English, and additionally, was in charge of legal Due Diligence of M&A&Alliance project.

    After the career of legal, joined Business Development Div. and engaged in project management of M&A&Alliance for three years.

    From 2013 to 2017 lead multiple M&A &Alliance and Reorganization projects as Head of Corporate Development Div. for four and half years in ROHM.

    In November 2017, joined factory automation business in OMRON Group and taking role of planning, execution of M&A&A and Post merger integration.

    In February 2019, joined Yushin Precision Equipment which is a machine building company for plastic injection molding factory's automation. In charge of organizing mid-term corporate plan including M&A, re-organization of supply chain, and arranging financial structure and governance system of oversea subsidiaries.

    Throughout the carrier, engaged in Strategy, M&A&A, and Reorganization with solid legal background.

    職歴

    開示前(決済前には開示されます)

    他の経験