情報機器のリユース市場で新規に事業を起こした経験があります

  • 情報機器商社
  • 事業開発

経験内容

お役にたてそうと思うご相談分野
1事業をゼロから起こすために必要なことは何か?
2事業を開始するために必要な行政への手続きはどうする?
3日々発生する経費はどの様な手続きで処理する?
4当面のキャシュフローをどの様に準備する?
5会社の状況の共有の仕方は?


営業の活動が成果を出すためにどの様な策を

地域

日本/東京

役割

マネジメント

規模

社員数20名程度から50名程度の規模で、累損が一掃できるまで

期間
2001年 〜 2006年頃
関連する職歴
  • デジタルリユース株式会社 顧問
  • デジタルリユース株式会社 代表取締役
  • 日本電子計算機株式会社 経営企画、PCレンタル事業
  • デジタルリユース株式会社 取締役 総務・経理部長、情報システム部長、品質保証室長等

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

デジタルリユース株式会社 / 顧問

プロフィール詳細を見る


自己紹介

電子計算機の賃貸会社である日本電子計算機株式会社に1972年入社以来、基幹業務のシステム化と業務改善を担う他に、通産省のシグマプロジェクト参加、教育マーケットのレンタル会社設立、パソコン・レンタル事業の立ち上げ責任者、情報機器のリユースの事業を担いました。また、2015年5月から2年間一般社団法人情報機器リユース・リサイクル協会の代表理事を担い協会の改革に取り組みました。

失敗は、成功の母であると思います。多くの失敗経験が後に役立ちました。

職歴

  • デジタルリユース株式会社 /顧問

    2016/5 2017/5

  • 一般社団法人情報機器リユース・リサイクル協会 /代表理事

    2015/5 2017/5

  • デジタルリユース株式会社 /代表取締役

    2010/5 2016/5

  • 日本電子計算機株式会社 /経営企画、PCレンタル事業

    2006/7 2010/5

  • デジタルリユース株式会社 /取締役 総務・経理部長、情報システム部長、品質保証室長等

    2001/3 2006/7

他の経験