CCDイメージセンサおよび関連IC開発等の半導体技術についてお話しできます

  • 半導体(シリコン)
  • エンジニア

経験内容

具体的な経験の内容

  CCD/CMOSイメージセンサ開発:カメラモジュール用・医療機器用
  CCDラインセンサ開発:ハイエンド仕様
  CCDエリアセンサ関連IC開発:Driver, AFE, DSP 
  社外(国内・海外)メーカーにCMOSイメージセンサ開発委託した際の仕様確定・評価・トラブル対応 

実績や成果

  DSC, 携帯電話カメラ,写真フイルム処理システム,印刷用画像入力部,内視鏡,等に採用
  社内・社外開発時のトラブル対応
  CCDと関連ICのチップセットとして開発とりまとめ、顧客に基本デザインモジュール含めて提供しました

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

  トラブル発生時は的確な評価・解析並びに社外であっても現地(国内・海外共)で技術者と
  徹底した議論・データ確認により課題の本質を把握し、解決策を見出し、実現させた

業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

  イメージセンサについての業界はプレイヤー並びにその実力を詳しく把握しております

関連する論文やブログ等があればURL

お役にたてそうと思うご相談分野

  各種イメージセンサ開発・イメージセンサ応用機器開発・医療用機器に仕様するdeviceのアセンブリ・信頼性関連

地域

日本

役割

設計開発責任者として現場経験並びにマネージメント経験多数;顧客対応・品質関連も経験あり

規模

直下60名、関連込みで100名程度のグループをマネージしました

期間
1982年 〜 2006年頃
関連する職歴
  • 富士フイルム株式会社 メディカルシステム開発センター 部長
  • 富士フイルムマイクロデバイス株式会社 設計部 部長

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

個人 / 技術コンサルタント

プロフィール詳細を見る


自己紹介

[学歴・職歴]
1978年3月 東京大学工学系研究科物理工学専門課程修士 修了
1978年4月 富士写真フイルム(株)入社(現、富士フイルム株式会社)
1991年4月 富士フイルムマイクロデバイス(株)に移籍
(所属部門が新会社に組織改編)
2004年4月 設計部が富士フイルム(株)電子映像事業部電子デバイス研究所に
組織変更
2007年6月 富士フイルム(株)本社R&D 技術戦略部に移動
2007年9月 USA(San Jose, CA)赴任 (2年間)New Technology Research
2009年10月 富士フイルム(株)メディカルシステム開発センターに移動
2010年3月 メディカルシステム開発センターが神奈川県足柄上郡に移動
2012年3月 定年退職;嘱託として同部署にて同一業務継続:~2014年3月末
2014年4月 技術コンサルタントとして富士フイルム(株)と契約し、
同一業務継続 
2018年3月 契約満了にて富士フイルムの業務を終了  
[役職]富士フイルムマイクロデバイス(株) 設計部部長
Fujifilm Medical USA Director
富士フイルム(株) 部長

[富士フイルム(株)における主な担当業務]
1.産業用イメージセンサ開発
  富士フイルム製機器に使用する各種エリアセンサ・ラインセンサの開発・
関連ICも並行開発。
  仕様確定、基本設計、評価、アセンブリ・サポート、
アプリケーションサポート、信頼性試験、顧客対応。     
2.内視鏡用イメージセンサ開発
   富士フイルム製内視鏡の半数以上のセンサを開発。
   CMOSセンサ外注開発において、富士フイルム側責任者として
メーカーの開発を支援。
3.内視鏡システム開発
    内視鏡開発部門No.2として、光源・光学系・センサ・電子回路系・
画像処理をリードし、
LASER光源・CMOSセンサ使用の画期的システムを開発・製品化した。
4.超音波診断機器開発
    超音波診断機器に採用する新規MPU開発をサポート。
    ---ベンチャー会社の開発遅延に対し、設計開発をサポートして
期限内に完成させた。
    超音波機器開発を支援し、機能・性能向上を実現させた。
    FujifilmSonosite社(WA, USA)の機器開発の技術サポートを実施。
5.Xray DRパネル/マンモグラフィー用ICの開発支援
    USAのICメーカーの試作段階で発生した問題の解決を支援した。
(回路関連、アセンブリ関連)。

[業務に対する特長]
 1.要素開発から製品開発まで実施する。
要素開発では実現可能性を的確に可否判断する。
2.センサ開発では、 
応用システムを良く理解し、仕様の最適化、製造可能なdeviceとする。
   システム開発では、細部含めて、重要課題を先に見つけ、確実に遂行する。
3.問題あれば、早期に現場(相手のところであれ)に入って解決支援する。
4.課題・問題点は対症療法としてではなく、物理的視点で理に適う
かつ現実的な解を見出す。
5.USA,ヨーロッパ,台湾のメーカーとの協議経験豊富。
       海外出張:2014-2017年は平均1回/月のペース

[カバーする領域]
 1.イメージセンサおよび応用システム。
 2.内視鏡、超音波診断、他医療機器とSi-device全般。
 3.開発マネージメントアドバイス・開発支援ができます。
 4.海外の会社とのコミュニケーション(英語)。

[補足]
1. 特許関連 
出願:約200件(共同発明含む),成立特許:約70件,USP:約55件。
2. 学会発表
  国内・海外合わせて20回程度。
3. 論文誌レフェリー
  映像情報メディア学会論文委員(10年程実施)。

職歴

  • 個人 /技術コンサルタント

    2014/4 在職中

  • 富士フイルム株式会社 /メディカルシステム開発センター 部長

    2009/10 2014/3

  • 富士フイルム株式会社 /California(USA) Director

    2007/10 2009/9

  • 富士フイルム株式会社 /技術戦略部

    2007/6 2007/9

  • 富士フイルムマイクロデバイス株式会社 /設計部 部長

    1992/4 2007/3

  • 富士フイルム株式会社 /マイクロエレクトロニクス研究室 主任研究員

    1991/4 1991/3

他の経験