倉庫作業の効率化の方法についてお話できます

  • 物流(倉庫)
  • 物流

経験内容

●ルノー・日産圏で物流倉庫や工場内倉庫の効率化、サプライヤーの倉庫管理の改善を実施。
●在庫の適正化と出荷品質の向上、倉庫内作業生産性の向上、倉庫保管効率の向上などに寄与。
●出荷品質では誤出荷率一桁ppmを達成。作業生産性向上は20%以上を達成。
●併せて改善が後戻りしないように物流作業の標準化と標準時間を導入し、歯止めをかける。
●倉庫作業についてマネジメントできていない会社、品質・生産性を向上したい会社の相談歓迎。
●現場管理、QC、改善手法など管理技術が不十分な会社の相談も歓迎。
●参考著書:『工場管理(連載記事)』
  http://pub.nikkan.co.jp/magazines/detail/00000778
●参考ブログ:『収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ』
  http://blog.livedoor.jp/gz0210/

地域

日本、中国

役割

生産物流責任者、購買責任者

規模

企業規模30億円の物流会社、2000億円超のメーカーなど

期間
1982年 〜 現在
関連する職歴
  • Kein物流改善研究所 代表
  • ユニプレス 生産管理、内部監査、総務
  • 日産自動車 生産管理、物流管理、購買管理

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

Kein物流改善研究所 / 代表

プロフィール詳細を見る


自己紹介

皆さんこんにちは!物流改革請負人の仙石惠一と申します。私は日本でも屈指のサプライチェーンである日産自動車サプライチェーンの構築に携わって参りました。入社以来常に心がけてきた「現場第一主義」に基づき、現場を原点とした仕事の仕方は今まで多くの会社さんに評価されて参りました。物流が専門でありながら、製造現場と物流現場を熟知しさらに「物流IE」ノウハウを駆使できる日本でも希少な存在だと自負しております。

また現場を改革するにあたり、「人」の問題は避けては通れませんよね。この点についても「現場を熟知した社会保険労務士」として人事制度改革や人財育成プログラム構築に貢献いたします。

さらに企業収益に大きな影響を及ぼす「購入品管理」につきましては、豊富なグローバル購買の経験を活かして購買のしくみ構築に寄与いたします。

もう一つ、社外との取引にあたり自社に有利な契約を結ぶことは非常に重要になってきます。そんな時には「現場を熟知した行政書士」として契約書の作成を行います。

いろいろと書いてまいりましたが、さまざまな角度から物流改革のお手伝いができる物流改革ワンストップサービスで貢献する私とぜひお付き合いいただければと思います。

職歴

  • Kein物流改善研究所 /代表

    2013/4 在職中

  • ユニプレス /生産管理、内部監査、総務

    2008/4 2013/3

  • 日産自動車 /生産管理、物流管理、購買管理

    1982/4 2008/3

他の経験