リリース1年間で日本のAR市場でトップシェアを取れた方法をお話しできます。

  • システム・ソフトウェア開発(通信)
  • 経営企画/経営管理

経験内容

AR業界でトップシェアをとるまでの実際に経験した内容や実際に行なった商品開発の手段、実践するには何が必要か、などの具体的な方法の提供や開発を安価にするための具体的な手段などをお話できます。

具体的な経験の内容

ARサービスの立上げからシェアを広げていくまでの経験

実績や成果

アプリダウンロード数は1年で100万、システム導入社数1500社

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

ARの認知が低くビジネスでの使い方が不明。ターゲットの選定と販売方法、システムの差別化

業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

ターゲット業界の知見は1から身に付けました。

関連する論文やブログ等があればURL

お役にたてそうと思うご相談分野

1から新しいITサービスを立ち上げるにあたっての営業戦略やターゲットの選定方法など

地域

東京

役割

事業計画の策定から営業のマネジメントと開発メンバーへの指揮

規模

150名

期間
2013年 〜 2016年頃
関連する職歴
  • スターティア株式会社 BS事業部 一般~MG
  • スターティアラボ株式会社 CA事業部 部長

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

株式会社ミリアド / 代表取締役CEO

プロフィール詳細を見る


自己紹介

スターティア株式会社、スターティアラボ株式会社で約11年間、営業部長と商材開発責任者としてマーケティングから商品開発、営業組織の育成などに関わってきました。
新規事業として動画業界のマッチングプラットフォームのリリースやARサービスの立ち上げなどを行なっておりました。
ARの分野においては立ち上げから2年で日本でトップシェアをとるまでの全ての責任者をしていた経験が今の私の強みになっています。現在は自分で会社を立ち上げ世の中を少しでも良くするための商品を提供していこうと考えております。

職歴

  • 株式会社ミリアド /代表取締役CEO

    2018/11 在職中

  • 株式会社バイヤー /代表取締役CEO

    2018/9 在職中

  • スターティアラボ株式会社 /コンテンツ事業部(新規事業開発)部長

    2015/4 2018/9

  • スターティアラボ株式会社 /CA事業部 部長

    2011/4 2015/3

  • スターティア株式会社 /BS事業部 一般~MG

    2007/4 2011/3