運送事業や荷役事業の現場力向上についてお話ができます

  • 運送(宅配便)
  • 経営企画/経営管理

経験内容

・現場での集配を10年(プレイングマネージャー3年を含む)
 現場管理職7年、経営幹部候補1年、経営幹部6年
 務管理を軸として職場環境の改善を図り、現場力を向上させて増収・増益
・年間営業利益4億9千万円(200名規模の事業所)
 連続赤字事業会社を黒字化(平成29年度営業利益 15百万円予想)
・運送業、荷役作業ともに労働集約産業です。人が働いてくれて収入が生まれます。
 中小企業は特に経営者の考え方ひとつです。
 経営幹部の立場では経営者と現場、双方のビジョンのすり合わせが肝要です。
 双方がWin-Winになるべく妥協点を見出し、改善が必要な部分については即着手を実践。
 全社的にも風通しが良くなり好循環が生まれました。
・運送事業は現在人手不足だと言われています。しかし、この状態もあと2~3年で変化が訪れると思われます。
 先見性をもって即実行。これに尽きます。

地域

東京、千葉、兵庫

役割

事業責任者として事業計画策定および運用

期間
2012年 〜 現在

自己紹介

大手宅配会社に18年勤務。
現場最前線でプレイングマネージャーを経験したのち34歳で管理職になる。
労務管理の徹底、職場環境の改善を図り、現場力の向上による増収・増益を達成。
現場での功績を買われて統括営業責任者となり、経営幹部候補として予算策定を含む収支管理、新規営業案件、業務改革を実践する。

中小運送事業者へ転職後、事業所の立て直しに着手。
経営者に対して方向性の転換を即した後、管理部門人員の育成、乗務員の意識改革により営業利益の黒字化を達成。今年度は安全性優良事業所(Gマーク)に登録予定。
また並行して荷役作業事業にも携わり、管理者の育成による現場力向上を図る。
今年度から事業拡大となり、現在は人員確保に奔走中。

職歴

開示前(決済前には開示されます)