工作機械におけるCEおよび北米向け安全規格対応について話せます

  • 工作機械
  • エンジニア

経験内容

具体的な経験の内容

機械指令2006/42/EC
EN 60204-1
NFPA79
CSA22.2. No.14
UL508A
ISO12100
EN 1010-1/-2
ISO 12643-1/-2
ANSI B 65-1/-2
ISO 13849
EN 1672-2

実績や成果

大型印刷機
 枚葉式印刷機
 ウェブ式印刷機
 紙袋製造機
 グラビア製刷機
食品機械
 調理用製造ライン
 包装材検査装置
 包装器製造ライン
加工機
 レーザー加工機
 マシニングセンタ
 ワイヤ放電加工機
製造装置
 シリンジ製造装置
 ペットボトル製造装置
 医療用品製造ライン
 アルミ缶製造ライン

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

規格の要求内容の解説および対策のアドバイス

業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

関連する論文やブログ等があればURL

お役にたてそうと思うご相談分野

まずはお気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

地域

横浜

役割

第三者認証機関の審査官

規模

欧州系 第三者認証機関

期間
2006年 〜 2016年頃
関連する職歴
  • SGS Japan 製品部 エンジニア
  • Tüv Rheinland 製品部 産業機器課 Project Engineer
  • 安全規格 機械設計コンサルタント 個人事業主

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

安全規格 機械設計コンサルタント / 個人事業主

プロフィール詳細を見る


自己紹介

ISO, IEC, EN, SEMI, 機械指令, NFPA, UL
安全規格 機械設計コンサルタント

海外輸出案件でCEマーキングの対応を依頼されたが、具体的に何を要求されているのかよくわからない。

リスクアセスメントの作成方法がわからない。

どこまでの安全対策をすれば問題ないと言えるのか?過剰な事はしたくない。

第三者認証機関を利用しているが、コンサルタント業務ができないと言われ、会社にノウハウが蓄積されていかない。

このようなお悩みをおもちでしたら
どうぞ、ご相談ください。

https://yujihamano.jomdo.com

職歴

  • 安全規格 機械設計コンサルタント /個人事業主

    2017/1 在職中

  • SGS Japan /製品部 エンジニア

    2015/3 2016/12

  • Tüv Rheinland /製品部 産業機器課 Project Engineer

    2006/9 2015/2

  • 日本FAシステム /開発製品部

    2002/4 2004/8

他の経験