写真館における制作の経験について話せます

謝礼金額の目安(1時間あたり) 15,000

経験内容

  • 写真館
  • 制作

製作中。お待ちくださいませ。

具体的な経験の内容

実績や成果

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

関連する論文やブログ等があればURL

お役にたてそうと思うご相談分野

まずはお気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

地域

神奈川県

役割

カメラマン

規模

20

期間
2017年 〜 現在
関連する職歴
  • Association Elysian's 代表
  • 福平 クリエティブ
  • アソシエーション エリシアン 代表

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

登録して事前相談

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

Association Elysian's / 代表


https://www.aquira.info/ 1978年(サーフィンファションがブームの時)に、中国の福建省で、7人兄弟の末っ子として、家族の愛をたくさん貰い,特に祖父が念願していた次男坊として生を授かる。小学生の頃から,日本(品川区,目黒区,稲城市)で幼少~青年期を過ごす。高校卒業後ロータリークラブのスポンサーで「小さな親善大使」として一年間スペインで留学した。私のニックネームである Aquira はここに由来する。高校時代から,外交的な性格であったが、留学を機に、外交性に拍車がかかる。友人には「口から先に生まれた。」と言われるほど,お喋り好きになる。性格は、友人らによれば,行動力がある,元気である,飄々としてる,などと言われる,ただし,第一印象は「怖い」らしい(笑),が、話すと実は優しい、とも言われる。したがって、見かけで判断されると困る(笑)。もしお見かけされたら,どうぞお気軽にお声をかけてください。 職歴など 初めての仕事は,高校時代のアルバイトで、SOGOの中にあったイタリアンレスラン(ピザとパスタ専門店)でキッチン係をした。誇れる事は,私が作った、賄いだけでしか食べられないバジルビザが、商品化された事である。その後、モンテローザグループの「魚民」でも、キッチンでアルバイトをした。その後、実家業/飲食店で、ホール兼店長を数年務めた。 高校時代から,使い捨てカメラで友人などを撮っていた,留学の際,「使うなら一流の機材を使え,大切にするから。」と近所のカメラ屋さんの主人に言われ,記憶が正しければ,富士フィルムのカメラを購入し、留学中に使用した。ジャンクカメラ,本格的な一眼レフデビューは、ニコンのFM10である。26歳の頃、どうしてもカメラの道を歩みたくなり、日吉にある東京総合写真専門学校の夜間部に、一年間在籍した。その時は美学の授業が最も楽しく,今でも影響を受けている。当時の私は、花を主な被写体にしており,横浜市の元町にあった花屋さんのオーナー兼フラワーアーティストであるエドウィン.R.モレナール氏の支援を受けて,共同展を、氏の素敵な空間で開いた。しかし、それに集中し過ぎて,進級レポートを提出できなかっため、専門学校を退学した。(その後,10年くらい後にエドウィン氏とFB(フェースブック)で再会し,さらなる親交を深め,私のメンターを務めても戴いた。 さて,話は職歴に戻るが,写真専門学校を中退後,SOGOにある写真館に勤め,更にロケーションアシスタントも経験し,最終的には慶應義塾大学卒のムービーグラファー方の専属アシスタントも務めた。たいへん尊敬していた渡辺伸次氏のアシスタント経験もある。誉である。 その後,カフェ好きが高じて,伊勢佐木町でカフェ店主もしていた。 まるでFBさまさまなのだが,偶然に知り合った,東洋書道道芸術学会の理事長,松本烏城啓介にも、師事を細く長く現在もしていただいている。人生の師匠と勝手に私が慕っているのだが,時に私の写真の生徒にもなっていただいている。誠に面白い機縁である。 アシスタント後は、フリーランスで,美容室などの依頼と趣味で、ポートレート写真を撮った,後には,建築写真も撮った。得意な撮影は、ポートレート写真,建築写真,夜景,町のスナップなどである。構図などは勘頼りで,モットーは「美なる写真の創造」である。Adobe社の編集ソフトLightRoom で、女性のお化粧と言う感覚で仕上げる。作品写真は絵画的とよく言われる事もあるが,それは元画家でもあった経緯故であろう。10尚現在/2017年は本格的に映像作家活動も始めた。以上簡単ですが,自己紹介とさせて戴きます。カメラマン; 藤原 明 (Aquira) P.S 趣味嗜好は,Appleファンで,その環境で音楽を聴いたり,下手ながら制作もする。また、コーヒーは、人生に欠かせないエッセンスと言えるほど好きである。 Shall we have sparking Life. Yes? come with us. we lead you & set you content as long you trust us. We know what is Happiness means ,,, Up to you, you will see all Dreams come true.

プロフィール詳細を見る