健康食品における医療専門職の経験について話せます

  • 健康食品
  • 医療専門職

経験内容

具体的な経験の内容

免疫強化やタンパク合成を主体とした調整剤の処方や、患者・一般市民の方からの相談に対する対応等

実績や成果

患者さん、相談者の体調や必要栄養剤を鑑みたうえで適正の調整剤をおすすめしています。

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

その方の全身状態、いわゆる栄養状態とADLを把握することが重要と認識しました。

業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

トレンドはω3系脂肪酸等の抗酸化作用のあるものや、特に筋肉合成のための蛋白やアミノ酸が合成された製剤と考えます。

関連する論文やブログ等があればURL

多々あります。

お役にたてそうと思うご相談分野

介護・健康など医療系の栄養に関しては大学院にて学んでおりますので、お役に立てるかと考えます。
まずはお気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

地域

東京

役割

処方等

規模

病院

期間
2016年 〜 現在
関連する職歴
  • 東京大学医学部

自己紹介

現職の医師です。
大学院で運動及び代謝・栄養学を専攻しました。臨床での治療・診療と平行して、高齢化社会で今後予防医学が重要になると考え啓蒙活動を行っております。
また、消化器外科医として消化管内視鏡に加え腹部手術・乳腺領域の一般的治療に現在進行形で携わっております。

職歴

  • 東京大学医学部

    2016/4 在職中