イベント企画におけるマーケティングの経験について話せます

  • イベント企画
  • マーケティング

経験内容

長年、フジサンケイグループにおいて、Webとモバイルコンテンツの企画と携帯キャリアの公式サイトプロデュース、並びに新規事業の企画立案、マネジメントとソリューションを担当してきました。
「いかにして1+1を「2」ではなく、「5」もしくは「7」にするか」ということを常に念頭に置きながら、エンドユーザー目線でモノとコトとマネタイズを考え、「コンテンツ」に付加価値を付ける独自のアングル(演出)を提案していくことで、ユーザーやクライアント、著作権者、スタッフの共感を得ながら成果と業績を上げてきました。
マスコミ系のフィールドでエンタメやEC系のコンテンツビジネス、ソリューション提案を長年経験してきましたので、通常のコンテンツ企画、プロデュース力以外に、コンテンツを活かしたイベントのノウハウや、メディアミックス(コラボ)型のコンテンツに関するプロデュース力とマネジメントのノウハウ、媒体側が商品を取り上げやすいように演出する広報ノウハウ、クライアントや権利会社との調整能力等も有していると自負しています。
まずはお気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

地域

東京

役割

プロデュース、企画、マネジメント

規模

タレント事務所からニッカンスポーツ、三菱地所まで、クライアントのニーズと案件に応じて柔軟に対応

期間
1988年 〜 現在

自己紹介

フジサンケイグループにて 20 年以上、Web、モバイル、スマホ系のコンテンツビジネス(広報、EC 含む)のプロデューサーとして、主に BtoC、BtoBtoC ビジネス と、新規事業のプロジェクトマネジメントを担当してきました。
コンテンツビジネスのゼネラリストとして、神社本庁や三菱地所といった大手企業系コンテンツから、谷村新司や水木しげる、藤代清治といったエンタメ、アート系コンテンツまで、企画、制作、マーケティング、プロモーション、権利処理関係の業務をトータルに管理、マネジメントしてきました。

その後、スカウトされた各社においても、各企業の情報資産や商品(コンテンツ)への付加価値付けとマネタイズ化を中心としたプロデュース、Webビジネスのマーケィング、様々な業界とのネットワークを活かした新規事業の企画、コンサルを主に担当。

現在は自ら会社を立ち上げ、これまでの知見と実践経験を活かし、コンテンツビジネスの企画プロデュース、マーケティング、ならびに新規事業企画、コンサルティングを中心に活動しています。

職歴

開示前(決済前には開示されます)

他の経験