成長企業様における資本政策、予算管理・管理会計制度、内部管理体制構築、IPO準備、M&Aについて話せます

  • 金融(証券会社)
  • 士業

経験内容

野村證券での管理部門での勤務が中心ですが、その間に、ベンチャー企業の立上げ、上場ITベンチャーの役員経験もあります。
公認会計士として、経理だけでなく総務、財務、資金調達、M&A、内部監査等ベンチャーやスタートアップ企業様でお困りのこと、IPOに向けての体制整備についてお話できます。

その時どのような立場や役割でしたか?

実際の担当者、チームリーダーから会社の役員まで経験しました。

得意な分野・領域はなんですか?

非上場会社の管理部門の体制と構築。
引受審査の経験もあり、その観点からお話できます。

どちらでご経験されましたか?

野村證券、非上場のベンチャー2社、上場ITベンチャー1社

地域

東京本社および英国

規模

ベンチャー企業の会社設立、立上げから、大手証券会社勤務まで経験しました。

期間
2018年 〜 現在

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

職歴:(開示前)


自己紹介

国内大手証券にて、英国駐在を含め、IPO・公募増資案件の引受審査、経理・決算・各種の財務報告業務、投融資案件にかかるリスク・マネジメント、バイアウト投資、PE(プライベートエクイティ)投資ファンド投資、内部監査、と各種の業務を経験してまいりました。これらの業務経験を通じて、特に会社の投資評価、内部統制体制の構築、ガバナンスなど強みをもっており、以下の業務について、実務的なご支援を行います。

―事業計画立案、資本政策立案
―デューデリジェンス、株価算定などのM&A業務
―経理・決算、管理会計、原価計算制度
―株式公開、上場支援、内部管理体制整備
―内部監査制度構築、内部監査の受託

現場の方と課題とその根本原因について、しっかりとコミュニケーションを行ったうえで、一緒に汗をかき、手を動かして、業務の改善、課題の解決まで努めてまいります。

これまでの取締役、監査役等の経験としては、以下のとおりです。
① ベンチャーファイナンスを専門とした証券会社について、設立準備および設立後の管理部門担当の取締役
② 上場ITベンチャーの取締役管理部長
③ ディストレスト債権(不良債権)等への投資会社の監査役(非常勤)
④ 中堅システム開発会社の取締役(経営企画担当)

保有資格
公認会計士
日本証券アナリスト協会検定会員
AFP
金融内部監査士

職歴

開示前(決済前には開示されます)