週100時間働くスタートアップと原則残業禁止のNPO、両者での就労経験を踏まえ、働き方改革のヒントをお話できます

  • 教育(保育)
  • 経営企画/経営管理

経験内容

2012年5月に株式会社マナボを共同創業し、以後5年間にわたって「スマホ家庭教師manabo」 http://manabo.com の立ち上げに従事しました。創業期は週100時間のペースで働いていて「時間あたり生産性×労働時間=アウトプット、なら生産性高く長時間働くのが1番」「会社の生死がかかった時にワークライフバランスなんて言ってられない」という考えの持ち主でした。
 
その後、原則として残業禁止ながら、売上20億円で年2–3割成長、最終利益は3-5%の、フローレンスというNPO http://florence.or.jp/ に転職。そこでの経験を通して「働き方改革は業績を上げる」という確信を抱くようになりました。
 
※詳しくはこちら
https://medium.com/@tatsunorihirota/a56408859861
 
両者の経験を踏まえ、下記のような方のお力になれると思います。
 
・流行している「働き方改革」に興味はあるがそれで業績が下がらないか不安な経営者の方
・「働き方改革」を始めることになったがどのように実践すべきか悩んでいる管理職の方
・ハードワークな文化だが業績が伸び悩んでいるベンチャー経営者の方
 
相談したい事項について可能な限りの関連情報を開示していただければ、事前に確認した上でスポットコンサルに臨みます。またお力になれそうであれば継続でのご支援も可能ですのでご相談ください。

地域

東京

役割

共同創業者@スタートアップ時代 / 業務委託@NPO時代

規模

2~20名@スタートアップ時代 / 600名@NPO時代

期間
2012年 〜 2018年頃
関連する職歴
  • 認定NPO法人フローレンス 代表室 新規事業開発担当
  • 株式会社マナボ 共同創業者

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

認定NPO法人フローレンス / 代表室 新規事業開発担当

プロフィール詳細を見る


自己紹介

慶應義塾大学 経済学部卒業。在学中はアイセックという国際NPOで活動。
 
その後、大学卒業の1年前に株式会社マナボを共同創業。5年間「スマホ家庭教師manabo」事業の立ち上げに従事しました。
 
2017年春、結婚に伴い子育て・保育分野に問題意識が芽生え、同社を退職。フローレンスという保育のNPOで1年間勤務した後、保育×ITのスタートアップを立ち上げ準備中。
 
※詳しくはこちら
https://medium.com/@tatsunorihirota/bba60bbf8e4a

職歴

  • 認定NPO法人フローレンス /代表室 新規事業開発担当

    2017/3 2018/3

  • 株式会社マナボ /共同創業者

    2012/5 2017/2

他の経験