日用品卸(生活用品)における生産技術の経験について話せます

  • 日用品卸(生活用品)
  • 生産技術

経験内容

2011年4月~2012年3月:消費財(紙おむつ)の生産管理。主な仕事はラインリーダーやシフト管理、あるエリアのスタンダード(保守・運用の基準)を決めるエリアオーナーの仕事。その後、海外工場立ち上げに伴い、外国人オペレーターの教育や立ち上げに必要な標準手順書の作成業務に従事。アジア(インド・インドネシア・タイ・中国・韓国・ベトナムなど)統括でラインの改善を行う組織に所属し、リーダーを務める。
2012年4月~2013年3月:イタリアにてグローバルスタンダードラインの開発を行う。P&Gグローバル組織直轄で世界統一ラインの設計・開発を行う際に、オペレーターの観点から「使いやすい」製造ラインを実現する為に日本人のオペレーターをイタリアに率いて開発の一端を担う。メインの業務は世界にそのラインが展開される際に、スムーズに各国の工場がオペレーションできるような標準教育パッケージの作成や機器説明書の作成業務。
2014年4月~2015年3月:洗剤工場にて包装型洗剤の日本発製造ラインの立ち上げリーダーを務める。

地域

明石/イタリア/高崎

役割

マネジメント経験(生産管理/スタートアップリーダー/メンテナンスプランナー/オペレーター教育/生産ライン設計)

規模

日本300人程度の工場、世界4万人程度の社員、グローバルプロジェクト30人規模の開発

期間
2011年 〜 2015年頃
関連する職歴
  • 株式会社クアンド 代表取締役社長
  • 株式会社博報堂コンサルティング アソシエイト

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

株式会社クアンド / 代表取締役社長

プロフィール詳細を見る


自己紹介

グローバル消費財企業にて日用品(化粧品、おむつ、洗剤など)の工場ラインの立ち上げや機械設備の導入、生産管理などに従事。その後、R&Dの部署に移動し、製品開発・製品企画の仕事に従事。その後、大手広告代理店系のコンサルティングファームに転職し、大企業(金融、自動車、飲食業など)向けにマーケティングやブランディングを軸にした事業創造・事業拡大のコンサルティングを提供。特に大企業における新規事業開発やベンチャー企業とのオープンイノベーションに関する案件に力を入れ、アメリカの投資会社WiLのLP向けセミナーなどを担当。
その後、福岡・北九州にてIT企業ベンチャーを創業。デジタルトランスフォーメーションを軸にした地域企業の変革をテーマに、地元企業・地元大学の産学連携でIoT/AIなどの導入を行う。現在、九州工業大学客員准教授として大学技術のビジネス化をサポート。(文部科学省:地域イノベーション・エコシステム形成プログラム副事業プロデューサー)

職歴

  • 株式会社クアンド /代表取締役社長

    2017/5 在職中

  • 国立財団法人九州工業大学 /客員准教授

    2018/4 在職中

  • 株式会社博報堂コンサルティング /アソシエイト

    2015/4 2017/4

  • P&G /生産統括/製造ライン立ち上げ責任者

    2011/4 2015/3