化粧品における特に抗老化、抗しわ化粧品の研究開発の経験について話せます

謝礼金額の目安 直接アドバイザーにお問い合わせください

経験内容

  • 化粧品
  • 研究開発

国内製薬会社、米国大学医学部皮膚科での研究経験を基に、化粧品、スキンケア製品開発のお話できるかと思います。

得意な分野・領域はなんですか?

特に老化、光老化、しわ形成の抑制等の基礎化粧品の研究開発

この分野は今後どうなると思いますか?

他社製品と高度に差別化した製品開発で勝負する必要があると考えます。しかしながら、化粧品用の新規成分の開発は困難であるため、既存の成分を如何に利用するかがカギになると考えます。

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

皮膚の基礎研究も含めますと、2009年4月―現在、で8年くらいです。
機能性を追求した、基礎化粧品、スキンケア製品の開発、素材の評価、開発などについてお話しできるかと思います。

期間
2009年 〜 現在

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

登録して事前相談

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

職歴:非公開


肌に優しい洗浄剤のための界面活性剤を用いた応用研究や、老化皮膚の特に真皮のコラーゲンに着目した抗しわ化粧品のための基礎研究開発を行った経験があります。 ミシガン大学皮膚科では、皮膚の老化防止を目的とした、光老化、老化のメカニズムの解明や、創傷治癒過程における骨髄由来細胞に関する研究など、広く化粧品やスキンケア製品の開発に役立つ研究を行いました。 現在は、間葉系幹細胞を用いた治療方法の開発研究、iPS細胞による臓器の再生など、再生医療に関する基礎研究を行なっています。 化粧品や医薬品などスキンケア製品の研究開発や再生医療等製品、および再生医療の周辺産業についての知見をお伝えすることができると思います。

このアドバイザーの他の経験

プロフィール詳細を見る