金融(ベンチャーキャピタル)における経営者の経験について話せます

  • 金融(ベンチャーキャピタル)
  • 経営者

経験内容

米国シリコンバレー及びボストン近郊を中心に25年間ベンチャー投資業務に従事。トヨタ自動車、日産自動車、日立金属、日産化学、日本油脂、ニチレイ、横河電機、日立建機、ミサワホーム、鹿島建設、日本生命、富国生命、ハーバード大学等国内外の大手法人約80社社より出資を受け投資事業組合を組成。米国有力ベンチャーキャピタルと共同で国内外の120社以上のベンチャー企業に対し出資及び投資回収業務を行い現在に至る。
また国内の中堅企業オーナー経営者等に対し資本調達、業務提携、M&A等関するアドバイザリー業務を行っている。

期間
1984年 〜 現在
関連する職歴
  • 公益財団法人日産厚生会 理事
  • 一般財団法人全国中小企業共済財団 理事
  • 日本MIT会 評議員
  • 中小企業庁 中小企業近代化審議会 総合部会 企画小委員会専門部員
  • 公認会計士辻会計事務所(現辻・本郷税理士法人) 業務課

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

テクノベンチャー株式会社 / 代表取締役

プロフィール詳細を見る


自己紹介

企業間のM&M業務は27年間、ベンチャーキャピタリストとしては25年間のベンチャー投資経験を持つ。

米国マサチューセッツ州ボストン出身。大正11年創業の公認会計士辻会計事務所(現、辻・本郷税理士法人)に2年間中小企業の税務会計業務に従事。1987年〜1989年米国マサチューセッツ工科大大学院スローンスクールにて経営学を学ぶ。帰国後、山一證券株式会社企業開発部に於いてサンスイの英企業への売却や、日系企業による米ベンチャー企業の買収等、国内外のM&Aを担当する。1992年テクノベンチャー株式会社代表取締役に就任、現在に至る。
また、公益財団法人日産厚生会理事、一般財団法人全国中小企業共済財団理事、マサチューセッツ工科大同窓会組織の日本MIT会理事、評議員を歴任。
米国有力ベンチャーキャピタルの一つである、Kleiner Perkins Caufield & Byers に於いて、1992年〜2002年の10年間、日本人で唯一のスペシャルリミテッドパートナーを務める。

職歴

  • テクノベンチャー株式会社 /代表取締役

    1992/2 在職中

  • 公益財団法人日産厚生会 /理事

    1993/4 在職中

  • 一般財団法人全国中小企業共済財団 /理事

    1992/4 在職中

  • ヴァルハラゲームスタジオ・インターナショナル・ホンコン /取締役

    2012/6 在職中

  • 日本MIT会 /評議員

    1998/9 2012/6

  • 佐藤食品工業株式会社 /取締役

    2009/3 2011/12

  • マルマン株式会社 /監査役

    2009/6 2011/6

  • パシフィック・センチュリー・サイバーワークス・ジャパン株式会社(現株式会社ジャレコ) /取締役

    2000/6 2003/3

  • 中小企業庁 /中小企業近代化審議会 総合部会 企画小委員会専門部員

    1994/4 1996/3

  • 山一證券株式会社 /企業開発部(M&A)

    1989/11 1992/1

  • 公認会計士辻会計事務所(現辻・本郷税理士法人) /業務課

    1984/4 1986/12