精密機会(HDD)における生産管理の経験(生産計画、在庫管理、システム運用、物流管理)について話せます

  • 精密加工
  • 生産管理

経験内容

・主にタイ工場(従業員約5000人)の生産管理として、短中長期生産計画の立案・変更、生産数量の調整、各種部品の納入状況や顧客への出荷対応、在庫管理等の業務を担当。またこれらの業務の現地工場への移管プロジェクトに参加。プロジェクトリーダーとして計画設計・管理や現地担当者の教育等を行う。

期間
2005年 〜 2010年頃

自己紹介

<職務要約>
2005年4月~2012年2月
株式会社日立グローバルストレージテクノロジーズにて、入社から2009年末まで、SCM部門にて、短中長期生産計画の立案・変更、生産数量の調整、各種部品の納入状況や顧客への出荷状況の確認等の業務を担当。
 2010年1月より、担当していた「短中長期生産計画の立案・変更」、「生産数量の調整」業務の現地工場への移管プロジェクトに参加。プロジェクトの計画設計・管理や現地担当者の教育等を行う。
 2010年7月より、事業企画部門にて、製品利益最大化業務、新製品開発サポート、新製品量産化実現業務等を担当。

2012年3月~
2012年3月~2013年12月までは、ソリューション統括本部にてプロダクトエキスパートとして主に担当ソフトウェア製品の製品管理業務に従事。ERP(主にPP)、SCM系、MES系ソフトウェアを中心に、新機能検証、顧客・導入パートナーへの紹介、製品言語の翻訳、イベント対応、既存顧客のサポートや問題対応、新製品のマーケティング活動等。
 2014年から現在までは同本部のソリューションエンジニアとしてERP(主にPP)、SCM系、MES系のソフトウェアのプリセールス業務や事業開発業務に従事。主に大手から中堅の製造業全般を担当。また事業開発として担当製品のマーケティング活動や導入パートナーの開拓に従事。2015年1月~IoT特別チームも兼務。製造エリアにおけるIoT活用のエヴァンジェリスト活動、社内における啓蒙活動にも従事。

職歴

開示前(決済前には開示されます)

他の経験